「日本のいちご、おいしいね!」と、本誌の差し入れたいちごを頬張る、”スウェーデンの妖精”ウルリック・マンター(19)。

日本でも人気急上昇中の彼が、セカンドアルバム『ルーフトップ』の発売を機に来日。昨年8月の初来日時より日本語もうまくなって、男っぷりも格段に上がっていた。

3月20日に行われた発売記念イベントでは、尾崎豊の『15の夜』を日本語で披露するなど、彼の”日本大好き”ぶりが伝わってくる。

今回は浅草のお寺にも足を運び、日本の若者が「英語で声をかけてくれてうれしかった」そうだ。

「シャブシャブ食べたい」と流ちょうな日本語で話し、焼き鳥や焼肉もお気に入りな”肉食系”だが、「大福もね」とニッコリ。

「日本は、街並みがすごく清潔できれい。高い建物も多いですね。そして、日本人は礼儀正しい。今度は、ライブツアーをぜひ日本でやりたいです」

関連タグ: