4月9日、都内でドラマ『木曜ミステリー 刑事110キロ』(テレビ朝日・ABC系)の制作発表会見が行われ、主演を務めるホンジャマカの石塚英彦(51)らキャストが登場した。

同作は、体重が110キロもある巨漢の刑事が事件解決に奮闘する刑事ドラマ。役どころについて石塚は「僕は117キロあるんですよ。7キロも軽い役を演じるというのは本当に難しい。7キロ違うと膝の負担も違うので軽やかに演じることを意識しました」と話し笑いを誘った。

会見には、重さ110キロの石塚像もお披露目された。石像について「生きているうちから石像になるなんて、勘違いしたお金持ちみたいでちょっと嫌ですね」と照れ笑い。

撮影についても、「ここまで台本が汚れたのは初めて。大学受験時以来のストイックな生活をしています。僕の中ではかなりの自信をもっておとどけできる作品になっていると思います」と胸を張った。

(撮影/桑原靖)