9月29日、女優の有村架純(21)が亀田製菓の『柿の種』の開発部長に就任し、都内で行われた会見に出席。現役の若手社員とともに開発した『ソースマヨ味』、『ベイクドチーズケーキ味』、『キャラメル味』の新味をプレゼンテーションした。

この日、有村はフォーマルなOL姿で登場し、プレゼンテーションを担当。「お聞き苦しいところもあるかと思いますが…」と緊張気味にスタートしたが、試食した感想も混じえながら商品をしっかりPR。人生初のプレゼンを終えると、「緊張したけれど楽しかったです」と笑顔を輝かせた。

また、有村は開発部長として会議にも参加。一緒に新味を開発した社員から「すごいアイデアマン。とても頼りになる開発部長でした」と褒められると、照れ笑いを浮かべつつ、「初めてのことで戸惑いましたが、一生懸命考えてアイデアを出し合って楽しかったです」と達成感を語った。

(撮影/江口明裕)

関連タグ: