歌舞伎俳優の市川海老蔵(36)とJRA騎手の武豊(45)が28日、都内で行われた『JRA60周年記念 馬と歌舞伎 サラブレッドトークショー~武豊×市川海老蔵~』に登場し、お互いの印象や来週行われる天皇賞について語った。また、海老蔵は親友である伊藤英明(39)の結婚にも言及した。

 競馬と歌舞伎という別世界に属する二人だが、海老蔵が大の競馬好きということもあり、私生活でも交流があるという。武は海老蔵の印象を「舞台に上がっている姿を見ると、モテるだろうなあと思いますね」と話した。さらに「もともと会いたい人だったので、共通の知人を探してお会いしました」と明かすと、海老蔵はびっくり。「歴史でしょう。レジェンド。子どもの頃から武さんが圧倒的に勝ち続けていたのを見ていたので、初めて会ったときは緊張しました」と海老蔵も返した。

 「よく海老蔵さんが大口払い戻していると噂で聞きます」という武は、今春の天皇賞後、海老蔵が手にしたお金がお札に入りきらず、バーのカウンターに積まれていたというエピソードを披露。

 そんな強運の持ち主である海老蔵の目はこの日、11月2日に開催される天皇賞に向いていた。武が騎乗するヒットザターゲットについて「はまったら面白い。絶対買います。今日、武さんに会って一着で来るんじゃないかと」と予想。武は「大本命がいないので誰にでもチャンスがある」と読んだ上で「もちろん勝ちたい。それで海老蔵さんがハッピーになってくれれば」と闘志を燃やした。

 また、海老蔵は24日に一般女性と結婚した伊藤のお相手について「俺が勝手にあいつの家に行ったときにいた。きれいな人です」とコメントした。結婚は「随分前から知っていた」というものの、「まだ信じられない」という。最後に「自由に生きればいいんじゃないですか」とメッセージを送った。

(撮影/柴田悟)

関連タグ: