image

 

タカアンドトシが4月16日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。 “芸人泣かせ”とも言われるパーソナリティの黒柳徹子(84)から爆笑をさらい、話題を呼んでいる。

 

「面白いかどうか楽しみ」と発言する黒柳を前に、タカトシは週刊誌の不倫直撃取材をネタにした漫才を披露。「週刊新潮」と「身長」をかけた、タカトシらしいボケとツッコミの応酬に黒柳は笑いを堪えきれなかったようだ。笑う黒柳を見たタカは、思わずニコリ。2人の漫才を見終えたあと、黒柳はこうコメントした。

 

「おもしろかった。あそこでよくあんなこと考えたなって」

 

タカトシの2人も「ほっとしました。1回笑って頂けるだけで救われました」と安堵の表情を浮かべていた。

 

黒柳の“難攻不落”ぶりには定評がある。「アメトーーク」(同局)では「徹子の部屋」に出演し、笑いを取ることのできなかった芸人たちを「徹子の部屋芸人」として特集するほどだ。

 

16年、週刊文春に寄稿した文章で黒柳は「徹子の部屋芸人」について言及している。「無理に笑っても、視聴者の方々に嘘をつくことになります」とし、笑わない理由についてこう綴っている。

 

「現在の日本で、生のチャップリンに会ったことがあるのは私くらいでしょう。ニューヨークでしたけど、本当に素敵でした。あれぐらい面白くなきゃ笑えないという気持ちもあるんです」

 

続けて「私自身が三十年も舞台でコメディを演じてきましたから、(ほんとは)笑うことも笑わせることも大好きなんですよ」と、本心を明かしている。

 

ネットでは快挙を成し遂げたタカトシに、労いの声が上がっている。

 

《タカアンドトシがやってくれましたね 難攻不落の黒柳先生から笑いの1本とりましたね お疲れ様でした》

《さすがだった。実際面白かった!がんばった~》

《これはもう 伝説の徹子の部屋芸人に当確なのでは?》

 

15年7月にも「徹子の部屋」に出演しているタカトシ。その際も黒柳の前で漫才を披露したが、黒柳は最後まで思い出し笑いを止めることができないほど2人の漫才にウケていた。“お墨付き”のタカトシの、これからにも期待したい!