image

 

とんねるずの木梨憲武(56)が、4月29日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。騎手の武豊(49)、プロサッカー選手の遠藤保仁(38)と鼎談を繰り広げた。

 

大阪の繁華街・新世界エリアでの収録となった今回。冒頭で木梨が「今日はありがとうございます」と2人に語りかけると、ガンバ大阪所属の遠藤は「いや、僕は近所なんで」と返答した。

 

続けて木梨が「ご近所ですね?」と武に話を振ると武は「遠くはないですけど」と答えつつ、「僕はあの、長期休暇なんで……」と苦笑した。

 

武といえば、4月22日の京都8レースで5月6日までの騎乗停止処分を受けたばかり。1年9カ月ぶりの騎乗停止が大きなニュースになった。

 

自身も競馬ファンであり、武とは20年以上の飲み仲間であるという木梨。「いつも武さんのところに印をつけるのですが、今週はつけないでいいですか?」と冗談を話し、「出てないです。来週も」と武にツッコミを入れられる一幕もあった。

 

木梨が「そういうのはたまにあるの?」と尋ねると、武は「いや、まあ、痛いですけどね。さすがに天皇賞は乗りたかったですよ」と悔しさをにじませた。

 

天皇賞の話題には、遠藤も反応。武とは親交があり木梨同様に競馬ファンだと話す遠藤は、「(もし優勝すれば)三連覇でしたもんね」と共感していた。

 

偶然にも、放送日である4月29日は天皇賞のレースが行われる日。武は「出る予定だったんですけど。見に行こうかなと」と自虐で笑いを誘っていた。

 

Twitterではまさかの騎乗停止の話題に、《仲いいんだ~ 騎乗停止もネタになるとは》《騎乗停止いじられてて笑った》といった声が相次いでいる。

関連タグ: