3連休の最終日となった9月17日、都内にある公園で人目を引いていたのが愛犬を散歩させていた草なぎ剛(44)だ。草なぎは途中で何度も立ち止まり、どこか物思いにふけるような表情をしていた──。この前日の16日、安室奈美恵(41)が引退を迎えていたのだ。

 

「引退当日に放送された特別番組『WE LOVE(表記上はハート印)NAMIE FINALアンコールLIVE』(AbemaTV)では草なぎさんがMCを務めました。彼は番組冒頭から感極まった様子でしたね。草なぎさんは『世代を超えて、誰の心の中にも安室ちゃんはいます』と労いのコメントを送り、多くのファンから共感を呼びました」(テレビ局関係者)

 

草なぎと安室が初めて共演したのは約20年前。97年に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に安室がゲスト出演したことがきっかけだった。

 

「20年前の初共演以降も、安室さんはさまざまな人生の節目でSMAPの番組に出演してきました。03年の『ビストロSMAP』(フジテレビ系)では、離婚直後だった安室さんをメンバーたちが元気づけたこともありました。なかでも草なぎさんのことをいちばん慕っていたようです。メンバーの中から“兄弟・親友・マネージャー・恋人・ハトコ”を選ぶ人気企画『フィーリング5』では、安室さんは草なぎさんを“兄弟”に選び、『何でも相談できそうだし、真剣に話を聞いてくれるから』と語っていました」(前出・テレビ局関係者)

 

可愛い“妹”が芸能界を去ったことで、草なぎも“アムロス”に陥ったのだろうか。

 

「草なぎさん自身、SMAPを解散し“人生の節目”を迎えたばかり。自分と安室さんの境遇を重ね合わせて、感慨深い気持ちがあるのだと思います。06年に番組共演した際、安室さんがSMAPの代表曲『SHAKE』を熱唱して話題になったことが、つい昨日のことのようです。もう二度と彼らが共演することがないと思うと、“1つの黄金時代”が終わったような気持ちになります」(音楽関係者)

 

安室の代表曲『a walk in the park』さながら、公園を散歩していた“傷心”の草なぎ。脳裏には、一緒に『SHAKE』を歌った日のことがあったのかもしれない――。