三浦春馬さん「30歳は分岐点」本誌に語っていた人生の節目
画像を見る

俳優の三浦春馬さんが7月18日に亡くなったと発表された。30歳だった。

 

97年、朝の連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューを果たした三浦さん。着実にステップアップをしていき、近年では15年の映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」や18年の「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話」、19年の「アイネクライネナハトムジーク」といった話題作で次々と主要キャストを務めてきた。

 

また16年初演のミュージカル「キンキーブーツ」で「第24回読売演劇大賞」杉村春子賞を受賞。昨年8月には自身の主演ドラマ「TWO WEEKS」(フジテレビ系)の主題歌「Fight for your heart」でCDデビューも果たした。

 

三浦さんは今月1日、Instagramで8月にリリースされる2ndシングル「Night Diver」の告知をしていた。14日には9月スタートのドラマ「おカネの切れ目が恋の始まり」(TBS系)について《テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります!》とも投稿している。

 

さらに映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」や「ブレイブ群青戦記」の公開も控えている。その俳優生活は順風満帆そのもののように見えた。

 

三浦さんは本誌にたびたび登場。年齢を重ねるたびに、目標を語ってくれた。

 

次ページ >「ここからの長旅に備えて…」

関連カテゴリー:
関連タグ: