杏 東出と母に頼らず自分で稼ぐ!ワンオペ覚悟の再始動現場
11月下旬、『日本沈没』のロケに臨んだ杏。 画像を見る

「よ~し、頑張ろう!」

 

11月下旬の午前10時ごろ、東京郊外の自然公園に掛け声が響き渡り、拍手が湧き起こった。輪の中心にいたのは杏(34)だった。174センチの彼女はスラリとしていて、それだけで目立っていた。来年10月期の連続ドラマ『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)の撮影が早くも始まったのだ。

 

「主演は小栗旬さん(37)。SF作家・小松左京の不朽の名作が原作で、過去にも数度、映像化されてきました。松山ケンイチさん(35)、仲村トオルさん(55)、香川照之さん(54)といった豪華俳優陣の出演も発表されており、TBSの力の入れ具合が見えます。

 

杏さんが連続ドラマの撮影に入るのは、’19年9月に主演ドラマ『偽装不倫』がクランクアップして以来、1年2カ月ぶりのことです」(スポーツ紙記者)

 

週刊誌記者役だという杏は、この日、ベージュ色のジャケットに茶色のパンツ姿。撮影していたのは小栗旬とのシーンだ。小雨がちらつく寒空の下、杏と小栗は監督と何度も確認を繰り返す。撮影にのぞむ杏の真剣な表情は、“シングルマザー”として女優業を再開する固い決意の表れに見えた――。

 

杏といえば、双子の女児(4)と長男(3)をもうけた夫・東出昌大(32)と8月に離婚。

 

「今年初めには別居生活が始まっていて1人でお子さんたちの面倒を見ていたようです。コロナ禍で外出を控えねばならない不安から子供が夜泣きをぶり返したり、何かと苦労したといいます。離婚が成立し、親権は杏さんが持つことが決まって、ここしばらくは拘束時間が少ないCMやファッション誌の撮影などの仕事をこなしていたようです。お子さん第一のためですね」(テレビ局関係者)

 

慰謝料はなし。が、共同名義で購入していた都内の一戸建ての自宅は、東出が手放し、杏の所有に。東出はというと、現在、親戚の家に居候しているという。

 

「杏さんとは相変わらず没交渉ですが、子供たちとは会えているそうで、徐々に明るさを取り戻しています。出演映画の公開が続き、一見、仕事が増えているように映りますが、それらは騒動前に撮影したもの。新規のドラマ出演は厳しいでしょう。CMの違約金の問題も残っています」(映画関係者)

 

次ページ >実母とは和解成立も絶縁状態に…

関連カテゴリー:
関連タグ: