料理研究家の鈴木登紀子さん死去 本誌で語っていた大事なこと
画像を見る

料理研究家の鈴木登紀子さんが亡くなったと1月8日に発表された。96歳だった。40年以上にわたり「きょうの料理」(NHK Eテレ)でレギュラーを務め、「ばぁば」の愛称で親しまれていた鈴木さん。ネットでは、その死を悼む声が上がっている。

 

《今年のおせちはばぁばの本から全部作ったんだよ……七草がゆもレシピを使わせて頂きました痒い所に手が届くレシピを沢山ありがとうございました》
《登紀子ばぁば……大好きでした。わたし老いたらこんなふうになるんだ! って目指してる目標のお一人です》
《ばぁばのレシピで覚えたことがたくさんある。ありがとうばぁば》

 

19年5月、本誌に登場した鈴木さん。当時94歳だった鈴木さんは「“料理は人の心を豊かにさせる”をずっと信条にしてきた」といい、現代こそ料理の時間が必要だと語っている。

 

「人間関係やお仕事など、ストレス社会が続くかもしれませんね。心が疲れているからと、SNSで愚痴を言ったり、お金をかけて癒しを求めたりする人がいるようですが、そんなときこそ、ぜひ台所に立ってほしいの。それだけで気持ちがスーッと楽になることがあるのですよ」

 

さらに“料理で大事なこと”について、こう明かしていた。

 

「分量や手順ではありませんよ。食べる人が元気なら濃い味つけにする、疲れていたら優しい味つけにする……料理をすることは、相手をおもんぱかる想像力を働かせることでもあるのです」

 

続けて鈴木さんは「料理だって、いやいや作っていたら、とんがった味になってしまいます。大切な人が喜ぶ顔を思い浮かべて作れば、“おいしい”と言ってもらえるのです」と優しく読者に語りかけていた。

 

87歳のときに大腸がん、89歳で肝臓がんが見つかり、90歳を過ぎてからも心筋梗塞を経験した鈴木さん。晩年は大病が続いたが、最期まで食と向かい続けてきた。その料理のぬくもりは、次世代にきっと受け継がれていくだろう。

関連カテゴリー: