image

 

「百恵の長男の祐太朗(33)と次男の貴大(32)は『もう寝なさい』って言われると、ちゃんと言うことを聞くんです。ところがうちの建太(30)だけは『イヤだもん、僕』って(苦笑)。しょっちゅう弟から『わがまま言わずに食べろ』って、怒られていましたね」

 

そう語るのは三浦友和(66)の実姉・篠塚ひろ子さん(67)。三浦百恵さん(59)の義姉だ。夫の篠塚健次郎さん(69)は97年のパリ・ダカール・ラリーで日本人初の総合優勝を果たした、日本屈指のラリードライバー。長男の建太さんは現在、絲木建汰の芸名で舞台中心の役者をしている。

 

今回夫妻同席のもと、経営する山梨県・清里のペンション『La VERDULA』について夫婦でインタビューに答えてくれた。

 

このペンションは友和にとっては思い入れも深く、両親がいる実家のような場所。86年のオープン以来、三浦家は家族そろって頻繁に清里を訪ねていた。だが最近では、篠塚夫妻が国立の三浦家を訪ねる機会が多くなっているという――。

 

「両親は弟夫婦と二世帯で住んでいますからね。 両親がもっと元気で動けていたときは清里まで連れて来たりしたんですが、もう父も90歳、母は91歳になりましたから……」

 

友和と百恵さんが東京郊外に家を建てたのは88年。当初、百恵さんの母・正子さんと妹が同居していたが、89年に正子さんが早逝。妹も独立して行った。90年代半ばになって、三浦夫妻は正子さんたちが使っていた部屋を二世帯住宅に改築し、清里のペンションをひろ子さんに任せて引退した両親を迎えている。

 

「篠塚も若くして両親を亡くしていますし、百恵のところもそうですからね。2人とも、うちの両親を中心に動いてくれる。それで両家(三浦家と篠塚家)がまとまっている。だから、両親は本当に幸せです」

 

ひろ子さんがしみじみと言った。そして06年、本誌は百恵さんが義父母のために介護の勉強を始めたことを報じた。以来12年間、百恵さんは同居する義父母を献身的に介護してきたのだ。

 

「両親にとっても、百恵は私以上に娘らしいんじゃないですか。私以上に、両親のことを知っていますしね。薬や病院のことなどは私にはわからないけれど、百恵は全部わかっています。定期的に行く病院も百恵が付き添って、車で連れて行ってくれています。百恵がいてくれて、本当に安心。家族みんな、助かっているんです」

 

過去のインタビューで、友和は国立の二世帯住宅を建てた後に仕事が激減し、不安にかられたときのことをこう語っている。

 

《そんなときでも、うちの妻は腹が据わっていました。十万円なら十万円の生活、千円なら千円の生活をするだけだ、と言って。いい女房を選んだなとしみじみと感じたのは、あの時期でした》(『婦人公論』14年11月22日号)

 

義父母が元気なときも、介護が必要な高齢になっても、百恵さんはその状況に応じた生活を楽しもうとする人なのだろう。だからこそ、介護の苦労など微塵も見せずに淡々と自然体で続けている。

 

「だから、私たちも少しは助けてあげないと。ずっと任せきりでは、百恵も息が詰まっちゃうと思うのもあって。最近は何かと理由をつけてしょっちゅう行っています。父の日や母の日は、必ず百恵や弟から『そろそろ集まらない?』って声がかかります。道路が空いていれば1時間半で着いちゃいますからね」