溝端淳平感じる悔しさ「なんで俺、出てないんだろう?」

「時代劇の面白さは日常からいちばん遠い存在を演じられること。役者をやっているうえで、歴史を伝えていくという意義も感じます」

 

ここ数年、時代劇への出演が相次ぐ溝端淳平(29)。昨年だけでも、舞台『魔界転生』で天草四郎役を演じ、NHK BS時代劇『立花登青春手控え3』で主演。そして、年末から全国公開中の新作映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』では、多くの名優が演じてきた新選組の土方歳三を演じている。

 

「土方といえば冷徹な男という印象だと思いますが、本作では彼がそうなる前の、コンプレックスを抱く野心家という部分を前面に出しました。土方の気持ちは理解できますよ。僕自身も田舎者で、東京になめられたくないという反骨心は今でもありますから(笑)」(溝端・以下同)

 

京都撮影所では、ベテランのスタッフとの交流も楽しみの一つに。

 

「『また帰ってこられたね』と温かく迎えてくださるので、それがうれしいです。いま、年々時代劇が減っていくなかで、ベテランスタッフはどんどん引退していく。若手の育成のためにも、僕らのような若い俳優が時代劇を愛し、守っていくことが大事だと思いますね」

 

溝端といえば、デビュー当時からアイドル的な人気を誇ったが、意外にも、その容姿のせいで役がこないこともあったという。

 

「このうっとうしい目力のせいですよ(笑)。ふつうに芝居をしているのに主役より目立つと言われて。ある映画監督からは、撮了後に『その顔は俺の作品に向かない』と告げられたことも。悲しかったなあ」

 

そういう苦い過去もあってか、いま、最も力を注ぐのが舞台だ。

 

「舞台上がいちばん平等だと思います。丸裸でお客様の前に出て、演技を評価され、日々そのクオリティを上げていかなければならない。そういうしびれる緊張感のなかでお芝居をするということがすごく身になるし、楽しくて仕方ないんです」

 

そんな彼も今年で30歳に。

 

「30代は自分が心からいいと思える作品をたくさんやりたいですね。というのも、いいドラマや映画を見ると、『なんで俺、出てないんだろう?』って思ってしまうんです。それを払しょくするには芝居を磨くことしかなくて、そのためにはどう生きていくかということを常に考えています。あっ! だからと言って、30代の目標は“人間力を養うこと”とか書かないでください。恥ずかしいから(笑)」

 

取材後、画面を通した印象よりも“男くさい”と告げると、「ありがとうございます。ずっとこういう性格ですよ」と朗らかに。熱い男の言葉に惚れた!

関連カテゴリー:
関連タグ: