image

 

アンチエイジングをうたう化粧品が続々と発売され「若見え」を意識する女性のための“美魔女ビジネス”は花盛り。少しでも「若く見せたい」と願う40〜50代が増えている。

 

でも、頑張れば頑張るほどよけいに老けて見える「ババ見え」のメーク&ファッションになってしまう人も……。

 

「私が見かけた“ババ見え”の50代女性は、娘とまったくおそろいのコーデだった母親。若いコと同じ格好をすると、かえってはっきりと細部の違いがわかり、痛々しい感じになってしまうんです」

 

そう話すのは、スタイリストとして30年のキャリアを持ち、テレビ、雑誌、トークショーなどで活躍中の地曳いく子さんだ。

 

「何より、世の中のアップデートに気づかず、自分がイケていた時代を再現しようとする人が残念。体重が変わっていないからと昔と同じ服を着る人も。肉のつき方や顔の疲れ具合など、みんな経年劣化は避けられません。世間の変化と自分の変化の両方に対応しないと。あと“若作り”は欲張りすぎてはいけません。限度は年齢の2割引きまで。50歳なら40歳を目指しましょう」(地曳さん)

 

ヘアメークアップアーティストで美容に関する著書も多数出版している山本浩未さんも「ババ見えヘアメーク」に陥る女性に苦言を呈す。

 

「髪形もメークも“よき青春時代”に固執する人が多いですね。とくに若いころにカワイイネとちやほやされていた人ほど“ババ見え”のわなに陥りやすい。時間を止めて、昔風の野暮ったいスタイルのままだったりする。私はナチュラル派だとか、赤い口紅は老けて見えるとか“自分に合う化粧”を決めつけている人が最も残念。年齢とともに顔色のバランスやパーツは変化します。当然メークもそこに対応してほしいですね」

 

20代のとき「美人でオシャレ」と言われていた人でも、少し気を抜いたとたんに老けて見えてしまうのがメーク&ファッションの恐ろしさ……。あなたは大丈夫?