image

 

「50歳をすぎると、化粧の悩みが一気に増えていきます。50代になると、皮脂の量が40代に比べて5分の1に減少します。潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまう」

 

そう話すのは、日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさんだ。年を重ねると、若かったときに使っていたスキンケア化粧品ではいろいろ不都合が出てくるという。50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さんはこう語る。

 

「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます。そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えています。CMには小泉今日子さん(52)、真矢ミキさん(54)、沢口靖子さん(52)をはじめ、若々しく美しい新50代女性が多く起用されています」(鈴木さん)

 

資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。

 

「『おっくう』というのはこれまでにない悩み。まさに時短時代を反映しています。それを受けて、オールインワンタイプのようなラクできる化粧品が増えました」(小西さん)

 

はたして、どの化粧品を選べばいいのか。ドラッグストアで買える50代向けのおすすめスキンケア商品を、小山さんと鈴木さんに教えてもらった。

 

「油分が減り角質が硬くなった肌は、これまでより油分を多く必要とします。オイル・イン美容液を使いましょう。最近は『おっくう』の悩みに応えて、オールインワンのポンプ式のスキンケア商品が増えました。50代向けのものは、下部が大きくなっているので倒れにくく、ワンプッシュで出る量も多くなっているのが特徴です」(小西さん)

 

そこでおすすめなのが、「50の恵 コラーゲンオイル in 養潤液」(ロート製薬)。オイルがたっぷり5種類配合されていて、1本で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックの機能を持つ。

 

鈴木さんが注目するのは、同じくオールインワンの「グレイスワン コラーゲン濃潤リフト液」(コーセー)。

 

「赤いものは、抗酸化作用が高いといわれます。アスタキサンチン、ザクロエキス、ローズエキスの3つの“赤いエキス”で、アンチエイジングが期待できます」

 

また、化粧水では“貯水”をキャッチフレーズにしている「ソフィーナグレイス高保湿化粧水」(花王)がおすすめ。

 

「名前のとおり、この化粧水は水分がどんどん肌に浸み込みますね。ただ、化粧水の後は必ずオイルを使って保湿ケアするのを忘れずに」(鈴木さん)