image

 

「50代になると、皮脂の量が40代に比べて5分の1に減少します。潤いをキープする力が弱まり、肌が乾燥しやすくなってしまう。また、筋力の衰えによる瞼のたるみも出てきます」

 

そう話すのは、日本化粧品検定協会の代表理事・小西さやかさん。そんな悩みを受けて、今オーバー50向けの化粧品が増えているという。50代向けコスメのプロデュースもする美容家の鈴木絢子さんはこう続ける。

 

「ターンオーバーが遅れることで角質がはがれにくくなり厚みが増すため、化粧品が浸透しづらくなってしまいます」(鈴木さん)

 

年を重ねると、若かったときに使っていた化粧品ではいろいろ不都合が出てくるそう。資生堂の50代向け化粧品「プリオール」は“大人の七難”として「凸凹、影、色、乾く、下がる、見えにくい、おっくう」を挙げている。

 

「『おっくう』というのはこれまでにない悩み。まさに時短時代を反映しています。それを受けて、オールインワンタイプのようなラクできる化粧品が増えました」(小西さん)

 

はたして、どの化粧品を選べばいいのか。そこで、ドラッグストアで買える50代向けのおすすめアイシャドー&チーク商品を、小山さんと鈴木さんに教えてもらった。

 

「年を重ねると、肌がたるんだり、視力が低下することで、アイラインがうまく引けない、時間がかかってしまうという悩みが出てきます」(小西さん)

 

そんな声を受けて、オーバー50向けのアイシャドーやチークは、ひと塗りで肌に定着しやすく、付属のブラシも大きいという特徴があるという。

 

「巨大ブラシでそのまま塗るだけで美しくなれるので、おっくうという悩みを解消できますよ。特に『オーブ クチュール ブライトアップアイズ』(花王)は、ベースシャドーがねり状で50代の肌にのりやすい。鏡も拡大鏡になっているので、“見えにくい”に困ることはありませんね。『コフレドールグラン エレガントアップチークス』(カネボウ)は、ピンクはピンクでも、ワントーン赤味の入ったカラーで、肌の血色をよく見せてくれます」(小西さん)

 

細かい塗り分けが苦手でも問題ない。

 

「大きなブラシでなぞるだけでカラーのグラデーションがつくように工夫されています。発色もすごくいいので、くすみも解消してくれます」(鈴木さん)

 

たるんだ瞼には、『エルシアプラチナム そのまま簡単仕上げアイカラー』(コーセー)がおすすめ。

 

「目のキワに塗るシャドーは黒に近く、瞼のたるみを引き締めて見せてくれます。付属のチップもすごく大きくて、とっても塗りやすいですね」(小西さん)

 

オーバー50向けのアイシャドー&チークについて、鈴木さんはこう語る。

 

「チークもシャドーも、まるで便利グッズやアイデア品のように、使いやすく工夫されています。お化粧が苦手な人でも問題ありません」(鈴木さん)