誘惑に勝てない「白雪姫タイプ」がダイエットを成功させるには?

人づきあいや仕事、そしてダイエット……どれもがんばっているのにうまくいかないという経験はないだろうか? 特にダイエットは、あれこれ試しても続かない、もしくは結果が出ずに悩んでいる人が多いはず。

 

「それは、努力の方向が自分のキャラクターとずれていたからかもしれません」

 

そう話すのはひめまるさん。彼女が長年の人間観察に基づいて考案した「SM診断」は、考え方(価値観)や行動など、ふだんの生活における“クセ”から自分の性格タイプを探るというもの。「SM」というと“女王さまプレイ”のイメージが強いが、それはあくまでもセクシャリティな嗜好がクローズアップされたもので、ここでは、その人のコミュニケーション全般の傾向を指す。

 

「自分の性格や行動パターンがちゃんと把握できていれば、合う・合わないの判別や、自分が求める方法がおのずと見えてきます。つまり、なにごともスムーズに楽しく、しかも失敗なくやりとげられるというわけ。ダイエットも自分のタイプを見すえて行えば、つらく苦しいこともなく、確実に結果が得られますよ」

 

SM診断はまず、「自分の価値観を基準に物事を判断するS(サド)」と「相手の価値観を尊重して許容するM(マゾ)」タイプに分かれる。さらに「Sの中でも自分のこだわりを出す・出さない」「Mの中でも人は人、自分は自分と思えるかどうか」でそれぞれ4つのタイプに枝分かれする。

 

【かぐや姫タイプ】(自分の価値観や欲望によって行動、自分の価値観で判断する)

突然月から来て居座り、突然帰ってしまう……という、すさまじい行動力で、周囲を振り回す存在。自分の価値観・感覚絶対主義で、楽しいことが大好き。

 

【シンデレラタイプ】(自分の価値観で判断、自分の価値観や欲望は秘め相手に合わせる)

理想は人並み以上に高いものの、行動力が伴わず「つねに受け身」なタイプ。カンペキな王子さまがいつか現れると信じて、ただひたすら待つことに。

 

【白雪姫タイプ】(自分の価値観や欲望によって行動、相手の価値観を尊重・許容する)

小人たちと仲よくなって彼らの家に住むも、ダメだと言われたのに人を家に入れ、毒りんごを食べて昏睡。適応力はあるが、欲求に忠実すぎる性格。

 

【人魚姫タイプ】(相手の価値観を尊重・許容、自分の価値観や欲望は秘め相手に合わせる)

愛する王子のために声をなくし、人魚に戻るより泡になることを選んだ“やたらいい人”。献身的で母性が強く、尽くすことには相当な根性を発揮する。

 

「そこに“いい・悪い”はなく、まさに性格のクセ。自分が本来持ちあわせている気質と、環境が融合してつくりだされます。もちろん今後、環境が変わればタイプが変わることも。いずれにせよ、自分のタイプどおりに過ごせている人ほど幸福感も増すようです。ちなみに日本人のSタイプとMタイプの比率は6:4。女性はMタイプが多いといわれています。自分を見極め、回り道せずダイエットを成功させてください!」

 

ここでは、「白雪姫タイプ」のダイエット方法を伝授!

 

■「白雪姫タイプ」のキャラクター

 

環境に順応しやすく、大自然の力に導かれて動くタイプ。そのため、秋から冬にかけては冬眠の準備に入る野生動物のごとく、「食いだめ」に走る傾向に。しかし人間は冬眠しないので、カロリーの高いこってりした料理をずっと食べ続けることになり、たくわえた大量のエネルギーは当然、脂肪へと変化する。また、“そのとき自分が食べたいもの”への情熱がハンパなく、なにがなんでも食べる性分。ロックオンした料理があれば、シェアし合う大皿料理であろうと自分のぶんをてんこ盛りにし、おいしければ、まだ食べていない人がいるのも忘れておかわりするという、ある意味、ものすごいガッツの持ち主。

 

■「白雪姫タイプ」のダイエット意識

 

動物的感覚が強いため、ダイエットも楽しいか・そうでないかだけが継続の基準。自由気ままでしばられたくない性格ゆえに、細かい制約や束縛のあるもの、個人コーチが指導するトレーニングは、命令されたような気持ちになってトラブルの原因になるので、避けたほうがよさそう。必要なのは、つねに新鮮な気持ちで、ダイエットしていることを忘れて取り組めること。それが見つかれば、あっという間にやせられること間違いなし! ただし、1回やったら満足し、フェードアウトしてしまうパターンも多いので、「お試し体験」には注意。一定期間継続して行う、コース系のプログラムを選んで。

 

■「白雪姫タイプ」に向いているダイエット

 

カロリーコントロールより、アクティブに動いて爽快感を得られるスポーツ系のダイエット法がマッチしている。なかでも大人数でワイワイ、楽しく取り組めるダンスエクササイズがおすすめ。ほかにも、球技などのチームプレーを楽しむ運動、走るほどに景色が変わるロードバイクも楽しめそう。体を思いっきり動かしたあとは、サウナや岩盤浴付きの銭湯でおしゃべりを楽しみながら湯船につかり、ダブルのすっきり効果をねらって。

 

■ダイエットに成功するために

 

気まぐれ気質なだけに、細かにプログラミングされたダイエット法は息苦しくなって挫折しがち。気分ののったときに激しく運動するほうが結局は続いて、効果が出やすい。飽きっぽいので、ちょっとでもマンネリを感じたら違うものにチェンジしてもOK。やせたら、ちょっぴりセクシーな肌見せファッションにチャレンジしよう。