皮膚科医が解説「赤身肉」食べて美肌を作る3つのポイント
画像を見る

「クリニックを訪れる40代、50代の女性は、ほぼ全員といっていいほどキメが荒れていて、肝斑なのか、くすみなのか、シミなのか……茶色の濃淡に赤みが合わさったような肌色で、ブルドッグのように皮膚が伸びてたるんでしまっている人が大勢。こじらせまくった、という感じです」   そう話すのは、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子先生。美容情報があふれている昨今...

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: