40代から始まるバストの形崩れを防ぐ「ナイトブラ」のすすめ

「40〜50代になるとバストの形崩れが加速しますよね。これは、女性ホルモンの分泌が減少し、乳腺よりも脂肪の比率が多くなるから。若いころより“胸を守ってあげよう”と言う意識を持つことが大切です。自分に合ったナイトブラをつけることで、おろそかになりやすい就寝時にしっかりと胸をサポートし、アンチエイジング効果を得ましょう」

 

そう語るのは、バスト美容家の中村ひろ美さん。更年期にさしかかった女性にとって、ナイトブラの果たす役目は大きい。中村さんは、「ビギナーはぜひ、適切なものを選び、その心地よさを実感してほしい」と話す。

 

今、さまざまなメーカーから種類豊富に売り出されているナイトブラ。読者世代に向け、選び方のポイントをこうアドバイスしてくれた。

 

「更年期は自律神経もアンバランスになるので、育乳を目的とした体を締めつけるものや眠りをさまたげるブラはおすすめできません。ゆったりしたナイトブラでケアしてあげれば、眠りの質も向上し、自律神経の安定にもつながります」

 

若いころとは違い、ボディメークのしすぎは、見た目はきれいでもストレスを招いてしまうことがあるので注意が必要だという。

 

「大人の女性にふさわしく、自分らしさを生かしたボディラインをイメージするほうが素敵ではないでしょうか」

 

そしてもう1人。「日中につけるブラと同様、ナイトブラも年齢の変化に伴い、選び方は変わってくるもの」と話すのが、ランジェリースタイリストの中根菜穂子さんだ。

 

「体重は変わらなくても、ブラのサイズは年齢とともに変わってきます。定期的にフィッティングをして、今の自分の胸に合ったジャストサイズのものを、そして、ターゲット層が大人向けであるブランドを選ぶことも大切です」

 

さらに、更年期世代の女性の胸は柔らかく流れやすいので、まとめて包み込んでくれる、面積の広いブラが適している。

 

「50代でもハリのある美しいバストを保ち続けている方はいますが、それには適度な運動、栄養バランスのとれた食事、そして適切な下着選びが大事です。ナイトブラも気が向いたときにつけて眠るのではなく、毎晩継続することでエイジングをゆるやかに遅らせることができます。理想は3枚を用意し、ローテーションすると消耗をのばせるでしょう」(中根さん)

 

使い心地、デザインなどでお気に入りを見つけ、新習慣にしよう。

 

「女性自身」2020年5月26日号 掲載

関連カテゴリー: