メルシーの味は変わらない。僕も15年通っているが、味にブレがない。特にスープがいつも熱い。15年、ぬるかった記憶がない。その事を先代の店主・日出男さんに伝えると「変わらないってラーメンの作り方はだいたい同じだよ!」と一笑に付されてしまった(笑)。
 「火加減、にぼしの量には毎日気をつけています。たぶん、にぼしは他のお店よりもたくさん使ってる。日によってにぼしは味の出方が違うから、毎日食べて確かめて。出が弱い時は、合わせるガラスープの量を調節して、味が一定になるように気をつけてますね」(二代目店主・一浩さん)。
 3年や5年ならまだしも、20年、50年と同じものを出し続ける、そのプロ根性は数年の修行では身に付かない気がする。
 「でもそれはホラ、習慣になっちゃうと別になんともなくなっちゃう。朝、当たり前に起きて、無意識のうちに火をつけてだって仕事は何でもみんな同じだからねえ」事もなげに言う一浩さん。ラーメンテーマパークからのオファーは「そこまで手、回らないからね(笑)」、お店への弟子入り志願者も「人手、足りてたから」とラーメン作り同様、余分なことはしないのがメルシーのポリシー。
 「ずっと同じです、これからも」。あたりまえのように、一浩さんはそう言った。

Photo_6