飲食店のまかないでもよく作られるカレーライス。プロの料理人たちの手にかかると一般家庭のカレーとはやっぱり何かが違う!今回は、ふだんはスパイスを巧みに配合して作られるみなさんが、市販のルーを使って、“ささっと簡単!でも、ひと味違う”プロの技を教えてくれました!

 

【浅漬けカレー】銀座『六雁』料理長・秋山能久さん(40)

材料(4人分)・レトルトカレー…4袋(家庭で作ったカレーでもOK)。きゅうり…2本。水なす…2本。小玉かぼちゃ…1/4個。オクラ…4本。浅漬け用漬け汁(水…400ml/白しょうゆ…200ml/みりん…80ml/酢…40ml/昆布…10×10cm)。

 

作り方・1.きゅうりは塩もみし1時間ほどおく。水なすはヘタをとり、縦に6〜8等分に裂く。かぼちゃは半分に切る。オクラは塩をふって板ずりする。2.1の野菜をそれぞれビニール袋に入れ、浅漬け用漬け汁を入れたら、空気を抜いて縛る。冷蔵庫で5時間くらいで完成。水なすは漬かりすぎないようにすぐに漬け汁から出す。3.カレーをご飯にかけ、乱切りにした浅漬けをのせる。

 

「カレー好きでまかないでもたまに作るんですが、この浅漬けカレーもそのひとつ。さっぱりして食欲のないときにいいんです。湯むきしたトマトを入れても◎」(秋山さん)

 

【ポルトガル風 魚介とうなぎのカレー】渋谷『クリスチアノ』シェフ・佐藤幸二さん(40)

材料(4人分)・カレールー(甘口)…2/3箱。魚のアラ…1パック(200g程度)。うなぎのかば焼き(白焼きでも可)…1尾。玉ねぎ(くし切り)…1個。じゃがいも(すりおろす)…大1個。水…1200ml。塩…適量。

 

作り方・1.魚のアラは流水で洗いウロコや汚れを取り、適当な大きさに切ったら塩をふって軽くもむ。2.鍋に水と玉ねぎを入れて火にかけ沸騰したら、じゃがいものすりおろしを加える。3.2が再沸騰したら1と大きめに切ったうなぎを加え、ごく弱火で10分煮る。4.カレーのルーを入れ、ゆっくりかくはんして溶かす。

 

「ポルトガルでよく食べられているカレーです。仕上げにオリーブ油をかけても◎。サラダ感覚でどうぞ!」(佐藤さん)

 

【12種の野菜カレー】丸の内『レストラン大宮』シェフ・大宮勝雄さん(64)

材料(4人分)・カレールー(中辛)…1箱。にんにく(みじん切り)…1片。玉ねぎ(くし切り)…1/2個。にんじん(乱切り)…1本。ブロッコリー…1/2株。パプリカ(赤・黄/縦に切る)…各1/3個。ズッキーニ(縦4等分)…1本。アスパラ(半分に切る)…4本。なす(縦に4等分)…1本。さつまいも(スライス)…1/4本。かぼちゃ(スライス)…1/8個。オクラ(ゆでる)…4本。プチトマト…4個。トマトジュース(食塩無添加)…1リットル。サラダ油…適量。

 

作り方・1.鍋にサラダ油を熱し、にんにくが焦げないように弱火で炒め、香りが出たら玉ねぎ、にんじんを加えて炒める。2.トマトジュースを加え、弱めの中火で煮る。にんじんに火が通ったら、カレールーを溶かす。3.オクラ以外の野菜を素揚げにする。4.器にご飯を盛り、3とオクラを並べて、その上から2をかける。

 

「肉を入れなくても、うまみたっぷりの市販のルーは野菜だけでも十分おいしいです」(大宮さん)

関連タグ: