「食パンにもごはんにも利点があり、特徴がありますが、食パンはごはんよりも調理がかんたんで手軽に摂取できるのが第一の魅力ですね」

 

そう語るのは、食のアドバイザーで栄養士の成田和子さん。朝食に欠かせないトーストだが、食パンはしばらく置くとすぐにパサパサになってしまい、おいしさが半減してしまう。そこで成田さんが、堅くなったパンをやわらかくする6つの方法を教えてくれた。

 

【1】霧吹きでぬらす(中がふんわり外はカリッと焼ける)

【2】ペーパータオルをぬらし、パンを包んで電子レンジで10〜20秒加熱(加熱しすぎると堅くなるので注意)

【3】アルミホイルに包んでトースターで4〜5分焼く

【4】保温状態の炊飯器のごはんの上にアルミホイルを置いてパンを上にのせてしばらく置く

【5】蒸し器で蒸す

【6】大根(切り口の間)などの水分の多い野菜の間に入れておく(パンに水分を補給)

 

こうすれば、堅くなったパンも驚くほどふわっとするそう。ぜひ、お試しあれ!

関連タグ: