image

夏といえば、ビールに枝豆!海外でもEDAMAMEとして大ブーム中だが、実は二日酔いや夏バテにも効く万能野菜。そもそも枝豆とは、大豆が完熟する前の緑色の状態のこと。つまり大豆と緑黄色野菜の2つの栄養素を併せ持つスーパーフードなのだ!

 

枝豆の王道の食べ方といえば、ゆで枝豆。そこで、三軒茶屋の和食店「帆凪」の店主・齊藤正弘さんが素材のポテンシャルを最大限に引き出すゆで方を伝授。さらにひと手間を加えた、枝豆レシピも紹介!

 

『究極のゆで枝豆』

【材料・2〜3人分】枝豆……250g。塩……約40g(枝豆の1/6が目安)。水……1リットル。

【作り方】1.枝からさやを外し、味を染みこみやすくするため両端をキッチンばさみで切る。2.ボウルに枝豆と塩ひとつまみを入れ、もむ。塩でもむことでうぶ毛が取れる。3.鍋で水を沸かし、塩3つまみほど入れる。沸騰したら2の枝豆を入れて4〜5分ゆでる。4.ざるに3をあけ、うちわや扇風機で粗熱を取る。お好みで塩をふりかける。

 

『究極の焼き枝豆』

【材料・2〜3人分】枝豆……250g。水……200ml。塩……少々。

【作り方】1.枝豆をよく洗ってフライパンに入れ、水を入れる。2.ボウルを逆さまにしてフタをし、中火で蒸し焼きにする。3.約5分で水が蒸発したら、ひとさやずつひっくり返して両面に焦げ目をつける。4.霧吹きで2プッシュ水をかけ、最後に塩をふる。

 

『枝豆と夏野菜のかき揚げ おろしポン酢あんかけ』

【材料・2〜3人分】枝豆……さやから取り出した豆30g。ヤングコーン、ズッキーニ……各30g。しょうが、三つ葉……各適量。天ぷら粉(天ぷら油……適量。卵……1個。小麦粉……90g。水……200ml)。おろしポン酢(ポン酢……100ml。だし……200ml。大根おろし……50g。砂糖……10g。水溶きかたくり粉……大さじ2)。

【作り方】1.卵、小麦粉、水を混ぜ合わせた天ぷら粉に枝豆、さいの目に切ったズッキーニとヤングコーンを入れ、軽く混ぜる。2.なべにだし、ポン酢、砂糖を入れて火にかけ、くつくつと沸いてきたら大根おろしを入れて再度沸騰させ、水溶きかたくり粉を入れて火を止める。3.1を180度の油で約2分揚げる。4.3に2のおろしポン酢をかけ、しょうがと三つ葉を飾る。

 

旬の枝豆をストレートに味わい尽くす、3ステップの和のレシピ。あなたも、この夏、ぜひ試してみてはいかが?