image

俳優として活躍するほか、映画監督、作家などマルチに活躍。バラエティでも親しみやすいトークで人気の俳優・大鶴義丹さん(47)。

「高校の頃から、友人を招いて見よう見まねでラザニアを作ったりしていました」という筋金入りの料理好き! 

現在、レシピサイトやブログでの料理が好評でパスタの本も出版し話題になっています。

今回教えて頂いたのは、大鶴さん特性の「濃厚トマトソース」。

 

「妻も仕事をしていますし、僕も地方での撮影が続くとすれ違うことも多々。そんなときは、じっくり煮込んだ濃厚なトマトソースのパスタとワインでのんびり過ごします」(大鶴さん)

慣れた手つきでカキをソテーしてワインをひと振り、蒸らしながらぷっくりとジューシーに仕上げるその手順はもはやプロの域。

できあがったパスタをいただいてみると……これはすごい!! 家庭のキッチンでこんなに濃厚で深みのあるトマトソースができるとは!!

いったい、どんなレシピなのでしょうか?

「実は、隠し味にキムチを使っているんです」(大鶴さん)

image

えっ! 全然わかりませんでした!! 食べても全然キムチ感がありませんね。

「トマト缶、にんにく、玉ねぎで作るトマトソースに物足りなさを感じていたんです。どうしても、店で食べるようなコクがないなあ、と。そんなときに思いついたのが冷蔵庫に残っていたキムチを加えること。キムチには魚介のエキスが入っているので、アンチョビ代わりになるのでは? と試してみたら、ピッタリでした」(大鶴さん)

image

普通のトマトソースのように、みじん切りの玉ねぎ、にんにくを軽く炒めたら、鷹の爪、スライスしたマッシュルームと黒オリーブ、細かく刻んだキムチとイカゲソを入れてさらに炒めるだけ!

「キムチでコクをプラスしたトマトソースが妻にも大好評です。常備しておくと便利ですよ。魚料理のソースにも相性抜群です」(大鶴さん)

これはさっそくトライできますね!!

 

■【大鶴義丹さんのメッセージパスタ 第1回】愛を深めるまったりパスタ
http://jisin.kokode.jp/products/list.php?category_id=437