image

いつものやり方、いつもの味で満足している鶏からあげだけど……じつは、みんなはもっとおいしいものを食べていた!?多くの人が気にするポイントのひとつが、肉のやわらかさ。かんだ途端、肉汁がジュワッとにじむ鶏からあげを作るための工夫とは?そんな、本誌読者の各家のワザを本誌編集部が作ってリポート!

 

【水分の蒸発を防ぐ、マヨネーズコーティング】

「鶏肉の表面にマヨネーズを薄くなじませ、15分ほど休ませてから塩をふります」(岡山県・迫田由利さん)

報告:マヨネーズのコーティングで肉の水分の蒸発を防ぎ、やわらかさをキープ。

 

【塩水に漬けるだけ】

「水100mlに、塩5gを加えたブライン液(塩水)に鶏肉200gを4時間以上漬けておくと、仕上がりがジュージー。むね肉にもおすすめ」(東京都・石川典子さん)

報告:人気番組でも話題になったブライン液。ちょっと締まる?

 

【ヨーグルト+牛乳】

「ヨーグルト40mlと無脂肪牛乳80mlに塩小さじ1/2を加え、鶏肉200gを6時間ほど漬け込み。ジューシーな仕上がりです。骨付き肉がおすすめ!」(愛知県・横城真弓さん)

報告:納得のやわらかな歯ごたえ。かんだ瞬間に肉汁がジュワ〜。

 

【塩麹の酵素の力】

「塩麹大さじ2に白ワイン大さじ1/2を加え、鶏肉200gをもみ込み2時間以上置きます。塩麹は粉をまぶす前に軽く落とします」(兵庫県・佐々木美紀さん)

報告:鶏肉の弾力がアップ!塩麹が含む酵素で肉にやわらかなハリが出る模様。