お取り寄せしてでも食べたいバウムクーヘンTOP4
1位:滋賀の名店「クラブハリエ日牟禮館」(撮影:原田崇)

フードジャーナリストやシェフ、食通俳優など総勢50名に「本当においしいバウムクーヘン」についてアンケートを実施しました。編集部取材班のリサーチを加えた、一生に一度は食べたいバウムクーヘンを紹介します。

 

■1位:滋賀の名店「クラブハリエ日牟禮館」

 

バームクーヘン(BK-11)
(1,100円/直径14cm)

 

滋賀県に本店がある有名洋菓子店。職人が1個ずつ丁寧に、その焼き具合や軟らかさをチェック。その絶妙な焼き加減で、程よい弾力の逸品に焼き上げているのにしっとりしている。甘さは控えめ。

店舗住所:滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

 

■2位:マジパンがしっとり「カール・ユーハイム 高島屋玉川店」

 

バウムクーヘンリング 15
(1,000円/直径11.5cm)

 

日本で最初にバウムクーヘンを焼き上げた、ドイツ人菓子職人カール ・ユーハイムの名前を冠したブランド。発酵バターとアーモンドで風味は非常に豊か。こちらも甘さは控えめ。

店舗住所:東京都世田谷区玉川 3-17-1

 

■3位:手土産にもぴったりな高級感「ねんりん家 銀座本店」

 

マウントバーム しっかり芽 1 山 MS
(1,000円/直径11.5cm)

 

外はカリッと香ばしく、中はしっとり熟成。フランスパンのような食べ心地が魅力。濃厚なバター風味の生地を長時間かけてじっくりと焼き上げていて、味も食感もしっかり。

店舗住所:東京都中央区銀座 5-6-15 座 STONE1F

 

■4位:四国から取り寄せたい銘菓「ラ・ファミーユ 高松本店」

 

黄金バウムクーヘン M
(1,800円/直径13.5cm)

 

こだわりは、香川県産の小麦粉、卵、和三盆糖、はちみつなど地元産の食材。四国ならではの素材を使い職人が一層一層丁寧に焼き上げ、しっとり濃厚な味わいになっている。

店舗住所:香川県高松市木太町 2192

 

(スタイリング:廣松真理子/取材:岩谷貴美/再構成:編集部)

関連カテゴリー: