《約8割の女性に体臭の悩み。約7割がなにかしらの対策を実施》

 

3月に情報サイト「All About」とロート製薬が、女性1101人に行った体臭に関するアンケートではそんな結果が――。体臭が気になる夏を前に、7月1日にタニタから「においチェッカー」が発売される。体のにおいをレベル0〜10までの11段階で測定することができるという。

 

工学博士で、開発に携わったタニタの望月計氏が語る。

 

「においは自分自身では気づきにくいもの。知らないうちに、周りの人を不快にさせることもあります。また、本当は臭くないのに、体臭が気になって消極的になり、うまく人間関係が築けないというケースも。においの強さを“見える化”して、自分のにおいのレベルを知ることは重要なんです」(望月氏・以下同)

 

女性は40歳を過ぎると、体臭を抑える働きがある女性ホルモンの分泌が減少。加齢臭の原因物質「ノネナール」も増加する。近ごろ、加齢臭が出てきたのではないかと悩んでいる本誌“アラ50”女性記者が「においチェッカー」を試してみた。

 

最初に、においの原因となる皮脂腺が多い首回りをチェック。すると、《レベル2》が表示された。いっぽう、喫煙者の51歳の夫を測定すると《レベル3》。ちなみに、夫の色あせた枕にチェッカーを当てると《レベル2》を示した。

 

続いては、“汗臭”をチェック!

 

ラグビーをしている高校生の息子の汗まみれのジャージは《レベル3》。いっぽうホットヨガをした後のアラ50女性記者のジャージは《レベル4》に。この差は何?

 

「『においチェッカー』は、汗に含まれる成分のなかから代表的な“におい物質”を選定。それをベースににおいの強さを測っています。そのため自分の感覚と数値に差が出ることも。足のにおいでも、子どもと大人では臭いことは同じでも、においの種類は多少違いがあります。この製品は“大人のにおい”に対する感度が高くなるように設計されています」

 

服に染み付いた汗は時間がたつほど雑菌が繁殖し、においがきつくなっていく。いっぽう運動後でもシャワーを浴びれば、汗臭い体はすぐに《レベル0》に。こまめに汗を拭き、湿った洋服を着替えれば、“汗臭”対策はできそうだ。

 

それでは、場所によってはどんな変化があるのだろうか?

 

居酒屋で飲食後に測定してみたところ《レベル4》を記録。煙がもうもうとする焼き肉店で食事した後、店の外で測ってみると、《レベル6》に急上昇!電車で乗り合わせた人が、私を見て眉をひそめたような……。

 

「アルコールは揮発しやすいこともあり、においが体につきやすいのです。また、アルコールが体で分解される際に発生する『アセトアルデヒド』がにおいのもとになります。しかも、それが24時間以上出続けるので注意が必要です」

関連タグ: