私たちが子どものころから教えられてきた「歯みがきの常識」。それが、最新の研究結果によって次々に間違いだったことが明らかになっているという。本当に歯を守るために必要な習慣とは何なのか? 今こそ確認しておこう。

 

「戦後、日本では子どもの虫歯がひどかった。その対策として’60年代から学校で掲げられたのが『虫歯にならないために、毎食後3分以内に3分間以上、1日3度歯をみがこう(3・3・3運動)』というスローガン。これは今も常識とされていますが、口臭治療を行う歯科医師が研究してきた『口腔細菌学』の立場からすると、本当はよくないといわれています」

 

そう話すのは、歯科医院経営に関する専門誌『アポロニア21』編集長の水谷惟紗久さん。

 

「“3・3・3運動”は子どもに歯みがきを習慣化させるのにそれなりの効果はありました。ただ、歯みがきに適しているのは本当は食後ではないんです。口の中の細菌をコントロールしているのは唾液。唾液がたくさん出ているときは細菌は減り、少なくなると増えます。食後というのは、消化を助けるために唾液が大量に分泌されています。つまり口腔内にとってはもっとも細菌が減っている状態。そのときに歯みがきをすると、唾液の分泌を抑えてしまうんです」

 

これではかえって、細菌の増殖を手助けする結果になってしまう。水谷さんによれば、最新の研究で、これまで常識とされてきたやり方が次々に覆っているのだとか。では1日のうち、いつ歯みがきするのが、最も効果的なのか?

 

「唾液の分泌が少ないのは就寝中。つまり口腔内にもっとも細菌が多く、それらが出す毒素も多いのは起床時なんです。ですから、朝起きたらすぐに歯みがきをして、口の中にたまった細菌を洗い流さないと不潔。口臭の原因にもなります。朝食後では、口の中で増殖した細菌を全部のみ込んでしまったあとになるんです」

 

そして、1日の歯みがきは起床時と就寝時の2回で十分だとか。

 

「プールの縁などがヌルヌルしていることがありますね。あれがバイオフィルム(菌膜)。食後、約18時間で歯の表面にも同じものができるといわれています。これが虫歯などの原因になります」

 

逆に言うと、一度みがいたら、つぎは就寝時で問題ないのだ。もし食後、口の中が気持ち悪かったら、軽くうがいするだけで十分だという。

 

「よく朝起きたら、いちばんに水を飲むことを習慣にしている人がいます。これは、大量の細菌をのみ込むことと同じです」

 

口腔内の細菌の量がもっとも多くなる、という起床時。歯科医師の本田俊一先生によれば、「起きてすぐの唾液1ミリリットルに含まれる細菌数は、うんこ1グラムの10倍」にもなるという。

 

なんと、朝いちばんに水を飲むと“うんこ10グラム分”の細菌をのみ込んでしまうことになるのだ。もちろん胃の中で大半は殺菌されるが、胃がんや胃腸炎の一因となると警告する医師もいるそうだ。

関連タグ: