「病気リスク下げる歩き方」実践の町、70〜74歳医療費は半分に
町の保健センターでは歩き方のアドバイスを聞くことができる。

群馬県の北西部に位置する人口約1万5,000人の中之条町。この小さな町で行われている研究から生まれた歩き方が生活習慣病を予防し、健康寿命まで延ばすとして世界から注目を集め“中之条の奇跡”とまで呼ばれている。

 

研究を主導している東京都健康長寿医療センター研究所・社会参加と地域保健研究チーム専門副部長の青柳幸利先生が解説する。

 

「’00年から20年にわたって5,000人を超す人を対象に調査を行ってきました。その結果、1日8,000歩、うち20分間だけ早歩きをすると、さまざまな病気を予防できることがわかったのです」

 

毎日の歩数が2,000歩未満の人に比べて、8,000歩・20分の早歩きをする人は死因の上位を占める、がんの有病率が4分の1、心疾患が12分の1、脳卒中が15分の1に。生活習慣病の糖尿病や高血圧、動脈硬化の予防もできたという。

 

中之条研究では65歳以上の人に活動量計を身につけてもらい、1日の活動状況をモニタリングしているという。歩数だけをカウントする歩数計とは違い活動量計は、早歩きと同じ強度の運動時間や歩数を測定できるのが特徴で、中之条町では役場が無料で貸し出している。

 

役場の保健環境課の唐澤伸子課長がその詳細を教えてくれた。

 

「研究に参加した人には1日8,000歩、そのうち早歩きを約20分すると、さまざまな病気の予防につながることを伝え、活動量計を装着してもらっています。24時間365日の活動状況を毎月集計する際には、それまでの結果をもとにアドバイスをしたり、健康相談を受けることもあります。病気の予防や健康長寿のためには、その人の体力に応じて運動することが欠かせないのですが、『運動してください』と言うだけでは、なかなか実行していただけません。ところが活動量計をつけて毎日の歩数といった運動量がわかるようになると、多くの人が自ら動くようになり、さまざまな効果が生まれたのです」

 

大きく変わったのは町の医療費だ。中之条町に住む70〜74歳の昨年5月の医療費は、活動量計を装着していない人と比べて、装着している人が約1万7,000円も安かった。単純計算で年間1人あたり約20万円も医療費が削減されていることになる。

 

町民の健康診断結果からもその効果は一目瞭然。検査に引っかかった人の多くが、活動量計をつけて1年間生活することで、血圧やコレステロール値(HDL)が改善した。数々の成果を出す毎日8,000歩・20分の早歩き。研究に参加する町民も話を聞かせてくれた。

 

「50代から高血圧で降圧剤は欠かせなくて……。毎朝、測った血圧の高さによって降圧剤を飲む量を決めているんです。でも最近は薬を飲まなかったり、半量にしたり。医師からも『血圧が安定していますね』と言われています」

 

こう話すのは、65歳から活動量計をつけているという小山恵美子さん(71)。背筋を伸ばしながらこう続ける。

 

「研究に参加するまでは、歩いて3〜4分のところにある友達の家にも車で行っていましたが、活動量計をつけてからは意識して歩くようにしています。ただ、運動らしい運動はしていません。友達の家や近所のコンビニに歩いていくようになったり、坂の下にあるゴミ捨て場の帰りに少し早歩きをしたりするくらいです」

 

誰もがいつでも簡単にできる健康法。中之条町の人たちが実践する“奇跡の研究”をあなたも生活に取り入れてみてはどうだろうか。

 

「女性自身」2020年3月17日号 掲載

関連カテゴリー: