image   “隣にいてあたり前”の存在だった夫が他界。いつかは来ると覚悟していても、その後の空虚...

関連タグ: