日本人の4人に1人が該当か…「変形性ひざ関節症」痛む理由
画像を見る

外出機会の減少による運動不足や、ストレスによる過食……。長引く外出自粛がもたらした「コロナ太り」の影響は多岐にわたるが、とりわけ中高年女性を直撃している影響が“ひざの痛み”だ。

 

「『歩くとひざの内側が痛い』『朝起きて一歩を踏み出すときに痛みが走る』と訴える患者さんが増えていますが、これは体重の増加で、ひざ関節にかかる負担が増したことが原因です」

 

そう語るのは、戸田整形外科リウマチ科クリニックの戸田佳孝院長。手術をせずに、ひざ痛や股関節の痛みを治す保存的療法を研究し続けている戸田院長だが、「コロナ太り」による外出自粛で悪化したひざの痛みは、これからの季節こそ注意が必要だと指摘する。

 

「雨の日が多くなり、室内で過ごす時間がさらに増えると、一度落ち着いたひざの痛みがぶり返すことも考えられますので、早めの対策が必要です」

 

そんな戸田院長が、患者に早期の対策を施すために使っているのが、次の「リキーネ先生の質問票」だ。診察に訪れた患者の現状を把握するのに有効だという。

 

【リキーネ先生の質問票】

□ 寝ているときに痛む
□ 朝、目が覚めたときに痛む
□ 30分以上立っていると痛む
□ 歩きだしたときに痛む
□ イスから立ち上げるときに痛む
□ 10分以上歩くと痛む
□ 階段を上がるときに痛む
□ 階段を下りるときに痛む
□ しゃがみ込むときに痛む
□ 凸凹道を歩くときに痛む

 

「この質問票はフランスの有名な整形外科医、リキーネ先生が中心となって作成したもので、これに答えてもらうことで、どんな動作をしたときにひざが痛むのかが正確に把握できるようになります。もともとリキーネ先生たちは、ひざ痛の原因となりうる動作を10種類に分類して研究していたそうですが、そこからこの質問票のヒントを得たそうです。10項目のうち、いくつ当てはまったかによって患者さんの日常生活の困難度が測れるのですが、当てはまったのが2項目以下なら軽症。3〜6項目は中等症、7項目以上は重症となります」

 

日本人の4人に1人が、ひざ痛の原因となる「変形性ひざ関節症」と推定され、その約8割が女性だといわれているが、その改善のためには、まず痛みの状態を知ることが必要だという。

 

ひざの痛みの多くは、加齢や肥満によってひざの軟骨がすり減ることで半月板が損傷してしまい、割れた半月板が横にはみ出て神経を圧迫して起こる。階段の上り下りの際や、朝起きたときにひざに痛みを感じるのはこれが原因。

 

さらに、割れた半月板が飛び出さないよう、ひざの内側に骨の堤防「骨棘」ができると、「変形性ひざ関節症」という診断が下される。

 

そして、この「ひざ変形関節症」の原因について戸田院長が挙げるのが「O脚」と「肥満」だ。

 

「日本人にはO脚変形の人が多いのですが、O脚は歩くときは片ひざに全体重が乗ってしまい、大きな負担がかかります。姿勢のよい人は、歩行時に大腿骨に対して脛骨が外側に回転し、ひざが伸びた状態でロックがかかるため、横揺れしないで歩くことができます。これを『スクリューホーム運動』といい、ひざがよく伸びていると、地面からの反発力が股関節へと逃げていくわけです。ところが、O脚で姿勢が悪い人、下半身が衰えている人は、大腿四頭筋の力が弱まり、かかとから地面に着くときにひざがまっすぐ伸びなくなります。そのため、地面からの反発力がすべてひざにかかってしまい、ひざの横揺れが起こり、軟骨のすり減りにつながるわけです」

 

さらに、片足にすべての体重が乗った状態になると、ひざには体重の約6倍、股関節には約3倍の重さがかかることになる。肥満がひざ痛の原因となるのはこのためだ。とくに女性は、閉経のころから筋肉が減り、代謝が衰えることで太りやすい体質になってくるので、ひざの痛みが生じやすくなるという。

 

「女性自身」2020年7月21日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: