image

 

4月は多くの出会いの場に恵まれるとき。それを最良のものにしていけるかはあなた次第。そこで強~い味方の登場!

 

「今年は『戊戌』の年ですが、この4月は『丙辰』の月となります。十二支の戌と辰は“沖(ちゅう)”という“対抗する関係性”で、物事が大きく変わることを意味しています。また、7年半をかけて星座間を移動する天王星が、ちょうど牡牛座に移動するとき。この天王星の象徴が“改革”なのです」

 

こう語るのは、本誌の「オリエンタル占星術」連載でおなじみの人気占い師・水晶玉子さん。“運命の人”との出会いを指摘したムック『水晶玉子2018縁結び開運バイブル』(光文社)を出版した。’18年の中でも、転換点となる4月は、人と人の「出会い運」も変化すると水晶さん。

 

「今年の4月は社会的にも個人的にも運気が大きく変わる、節目の月なのです」

 

4月の運気の流れから、水晶さんが編み出したのが次のオリエンタル風水術10だ。4月は、木・火・土・金・水の五行の『土』が過剰に強くなるので、『木』の気で緩和してバランスをとることが開運につながるという。

 

【1】森林浴がラッキースポット

「木」の気を持つ、花畑や樹木の生い茂る森林浴ができる場所が4月の開運スポット。お花見に行くのも、庭に花を植えるのもいい。

 

【2】酢の物、海産物、柑橘類がラッキーフード

酸味が運のバランスをとってくれる。オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツ、さらに春が旬のワカメなどを入れた酢の物も吉。

 

【3】エメラルドグリーンがラッキーカラー

緑に「土」の気の黄色が入ったエメラルドグリーンで運気上昇に。カーテンやハンカチ、ネイルの差し色もOK。

 

【4】東南にミニ盆栽を置いて水をやる

土つきの盆栽や観葉植物を、出会いを招く東南に置いて水をやって手入れをすることで、いい出会いが引き寄せられる。

 

【5】収納の仕方を変える

整理整頓はいちばんの開運法。引出しや棚の1つずつなど、収納の仕方を変えることで、4月の改革の運気を吸収できる。

 

【6】始まりの気を受けるために朝日を見る

占いは命の“始まり”の気を大切にする。新学期の始まる4月、一日の始まりの朝日を見て運を活性化する。

 

【7】便利家電を使ってみる

快適さを目指すのが4月の開運行動に。電脳・改革の象徴となるAI搭載の便利家電を使って暮らしやすさを感じよう。

 

【8】寝る前に筋伸ばしストレッチ

しっかり眠ることも開運の秘訣。4月は、「木」の気が該当する筋肉や筋を、前屈や開脚ストレッチでほぐして快眠習慣を。

 

【9】目力アップのアイメークを念入りに

メークで「木」の気を表すアイメーク。アイシャドーにラインも引いて、目力アップで出会い運を強化。

 

【10】4月だけ何か1つやめてみる

潮目が変わる4月。手放したいもの、やめたい習慣をやめてみることも。1つ手放すことで新たな縁を呼び込める。

 

最後に、社会に変革があろうともその変化を恐れないで、と水晶さんは力説する。

 

「大事なことは、『私はこういうことが好き』『こうしたら快適』という、自分にとっての“快適さ”“ラクさ”を感じること。この4月は無理をせずに、素直に肩の力を抜いた人ほど、いい出会いを引き寄せられます」

 

 

水晶玉子さんトークショー開催決定!

水晶玉子さんから“運命の人”に会える日を発表!

 

image

 

女性自身編集部から昨年末に刊行された占いムック『水晶玉子2018縁結び開運バイブル』の発売感謝イベント開催が決定! “運命の出会い”をよぶための対人運アップ指南から、5月~7月の“出会い運の吉兆日”発表、質問コーナーなど水晶さんから直に占いの神髄を聴けるチャンスです!

 

■水晶玉子「運命の出会い」をよぶトークショー

開催日時:4月16日(月)18:30~19:30

開催場所:光文社(東京都文京区音羽1-16-6)

参加人数:100人(応募多数の場合は抽選、当選者にはイベント出席券を送付)

応募方法:郵便はがきにて受付(応募要項は こちら をご覧ください)