image

 

4月28日29日30日、東京文化会館で「上野の森バレエホリデイ」が開催される。

 

敷居が高いイメージのバレエを身近に感じてもらうため、バレエにまつわる様々な企画が催される本イベント。

 

15を超える親子で楽しめる企画(有料、要予約の企画もあり)があるので、朝から夕方まで1日上野で楽しめるのが魅力。

 

記者おすすめの企画は、野外の特設会場でプロのダンサーの舞を目の前で観られる「ダンス&クリエーション」、バレリーナ達の最先端ファッションが観賞できるファッションショー「バレエ・ウェアコレクション2018」、バレエをキーワードに、小物やウェアのお店が出店する「バレエマルシェ」、そして、初の試みである「バレエホリデイ プロジェクションマッピング」(28日夜のみ予定)。

 

東京文化会館の向いにある国立西洋美術館の壁に映し出されるのは、同館所蔵のエドガー・ドガの絵画から飛び出した踊り子が舞うチャイコフスキー3大バレエ。

 

夕刻の闇に、美しい音楽と共に現れる幻想的なアートの世界は圧巻。短編なので、飽き易い子供とも一緒に観賞できそうだ。

 

子供も大人も楽しく芸術を体感できる「上野の森バレエホリデイ」。今日からスタートです!