浪費家の夫に悩みながらも、節約に励む主婦のブログ「家族を幸せにする自営業家庭の家計管理」を執筆する、主婦ブロガーのコミィさん。

 

彼女が続けているのが、貯金箱を応用した「マス塗り貯金術」だ。もともと、ファイナンシャルプランナー、丸山晴美さんの著書を参考にしたものだそう。

 

「マスに1~320の数字を書いた紙を、貯金箱に貼ります。そして貯金箱におカネを入れるとき、その金額の数字を塗りつぶしていくんです。150円だったら『150』のマスか『100&50』、『80&70』のように、足して150になる数字。すべて塗り終えると、約5万円、貯まっているんです」(コミィさん・以下同)

 

しかし最初に5万円でチャレンジしたところ、3年もかかってしまった。そのため今は200マスの貯金に変更。これでも約2万円が貯まる。

 

「お菓子の缶などに、コピーしたマスを貼り付けています。これだと小銭が必要なとき、お札と両替しつつ取り出せるんで、便利なんです」

 

年に1回、貯めた2万円で、スタジオでの家族写真を撮るのがコミィ一家の定番。

 

「毎年、きちんとした写真を撮ると、子供の成長を実感できます。コツコツと貯金をしている私に触発されたのか、浪費家だった夫も500円玉貯金を始めました。1年で7万円も貯めて、家族旅行に連れていってくれたんです!」

 

家族みんながハッピーになるため、コミィさんは全員が協力しては、と提案する。

 

「コミュニケーションも取れて、楽しいですよ。マスを塗る作業で、金額が何となく把握できるのがいいんじゃないかと思います」

関連タグ: