夏ボーナスで1年を乗り切る「使い道プラン」!

震災の影響もあって冬のボーナスは、かなり下がると予想される。貴重な夏のボーナスを1円でもムダにしないで貯めるための最新情報を紹介!

○夏休みの食費を浮かせる「タダ野菜」!
夏休みは子供たちの給食も休みで食費もかかる。そんなお母さんにオススメなのが、農家で余った野菜が無料でもらえる(※送料は着払い)プレゼントサイト「タダヤサイドットコム」(http://www.tadayasai.com/)。形が悪いだけで捨てられてきた野菜を、PRも兼ねて生産者から直送してもらえるサービス。産直野菜なので安心・安全で食育にももってこい!

image

○照明、テレビもつけられる「人力発電自転車」
自転車に取り付けて発電するのが「自転車発電装置」(ひのでやエコライフ研究所・4
万2千円)。発電装置の上に自転車を置き、自転車の後輪のタイヤを発電機の回転部分に接触させて自転車をこげば、その間だけ発電できる。相当な坂を上って
いる感覚と、健康にも節電にも役立つ一石二鳥発電装置。一家に一台いかが? 

○地デジテレビは32インチ型が激安に
7
月24日のアナログ放送終了を控え、地デジ対応テレビは「32インチが底値です」と流通ジャーナリストの金子哲雄さんは断言する。「テレビの売上の4割を
占めるのが32インチ。震災を受けて消費は低迷し、在庫がだぶついている状態です。さらに夏のボーナス商戦には新型が投入されるので、在庫の旧型テレビは
3万円代まで値下がりしています」

○冬のおトクも考えて、冷暖房で1万円以上浮かせる
「節電対策で引き合いが多い
ため、節電家電は軒並み高値安定。大幅な値下げは期待できません。しかし、家庭の消費電力の約25%を占めるエアコンは省エネ化が進み、10年前と比べて
同サイズのもので年間電気代が1万円ぐらいお得になっています。買い替えを考えている方は、購入しても良いでしょう」(金子哲雄さん)