66匹の被災犬が「新しい家族」を探しています。

image

東日本大震災から5カ月が経ちました。動物愛護団体で暮らしている被災犬が、引取り手を探しています。震災で迷子になった犬、被災した飼い主が飼育放棄せざるをえなかった犬……彼らの悲しみに思いを寄せて、新たな家族になってくれる方を募集します。

★犬は家族。愛情を持って、最期まで世話ができること
★犬のためにかかる費用を負担する経済力があること
★「元飼い主」が見つかった場合は、速やかに引き渡すこと

【ご連絡をいただく前に】飼い主とはぐれた迷い犬の場合は、引き取ってから元の飼い主が見つかったときでも、飼育する権利は元の飼い主にあります。そのときはどんな理由があっても、必ず元の飼い主にお返しいただきます。以上の約束ができ、真剣に引き取りを考えている方のみ、各団体に直接電話をして「女性自身の『被災犬家族募集』を見た」とお伝えください。引き取り条件は各団体によって異なります。家族全員が了承してから連絡をしてください。
*担当者が多忙のため、お電話が繫がりにくい場合がありますことをご了承ください。
*引き取り状況はこちらにも定期的にアップしますが、詳細は各団体にお尋ねください。

撮影/鈴木鍵一(本誌特写分)

 

関連タグ: