image

「3D PetShop」では、最新の3Dプリント技術で、オーダーメードのねこ・いぬフィギュアを制作している。

 

「3Dプリンターで出力するには、高度な3DCG技術が必要となります。私たちがお客さまの代わりに3DCG制作を行うことで、愛猫家・愛犬家の方々に、わが子そっくりのフィギュアを提供できるのではないかと思いました」(3D Pet Shop 担当者)

 

注文方法は、フィギュアにしたい写真を送るだけ。それを基に、デザイナーが3Dデータ化。背面や横からの写真もあると、より精度の高いフィギュアになる。フィギュアになる前にデータ確認することもできる。

 

素材は石こうでフルカラー。6〜7cmのSサイズが3万5,000円、9〜10cmのMが4万5,000円、12〜13cmのLで5万5,000円(税・送料込み)。注文から3週間でフィギュアが完成だ。愛猫を亡くしてしまった人からの注文も多いのだそう。

 

「みなさん、わが子を大事にされているため、ほかの人は気づかないような特徴も知っています。それを再現するのはとても苦労しますが、機械的な作業だけでは、飼い主にとって満足のいくフィギュアにはなりません。そのため、制作前に自分たちなりに特徴をよく考え、図鑑などで勉強もしています」(同前)

 

これでかわいい愛猫と、ずっといっしょにいられます。

関連タグ: