image

ねこの行動から、地震予知ができないか―――そんな、ニャンともいえないテーマに真剣に取り組んでいる大学の研究チームがある。指揮を執るのは、神奈川工科大学の矢田直之准教授だ。

「動物は、『第六感』のようなもので異常を察知しているのではないかと考えています。われわれ人間も〝嫌な予感〟を感じるときがありますよね。でも人間にはいろいろな制約があり、なかなか感覚にだけは頼れませんから」(矢田先生・以下同)

8年ほど前から、先生の研究のお手伝いをしているのが、お兄ちゃんねこ「カイル」(左)と、妹の「ミー」。首につけた歩数計の数値を、先生や学生たちが記録し、データを蓄積している。11年の東日本大震災の2日前には、通常とは異なった数値が出たという。

「全国では何千万匹というねこや犬が飼われています。興味のある方に協力していただき、いろいろな地域の数値を調べれば、どこで異変が起きるかわかるようになるかもしれません」

16年、こんなかわいい2匹が、地震を予知してくれる!?

 

ねこもページも大増量! 『ねこ自身 2匹め』発売中

image

’15年末に発売され、11万部を突破するまさかのヒットとなった特別ムック『ねこ自身』。その第2弾となる『ねこ自身 2匹め』(光文社・740円+税)発売中。前号と比べ、登場ねこ数は511匹から648匹へ、ページ数は120ページから172ページへ、“ねこ愛”大幅増となる今号、ねこ好きの皆様にはぜひとも読んでいただきたいニャ~!

amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
e-hon

関連タグ: