image

 

1等前後賞合わせ10億円のビッグチャンス、年末ジャンボが今年も11月24日から店頭に並んだ。数ある売り場から、どう幸運を引き当てるか?今回、本誌が注目したのは、近年ジャンボで「億」が出た大阪の売り場のオリジナル「凄売り」アイデアだ。

 

まずは、今年サマー1等5億円を出した大阪府「磯上チャンスセンター」から。この売り場では、今年のドリームからオリジナルのバラセットを始めた。

 

「テレビ番組での予想を見たり、自分のラッキーナンバーにちなんで、くじ番号の万台の数字を選びたいお客さんが多いのですが、通常のバラ10枚セットでは0〜9まですべての万台が入るように組まれています。そこで少しでもお客さんの希望をかなえようと、万台がすべて1つの数字で統一されたバラ10枚を販売員の手でセレクト。『マンダイ券』として販売しています」(販売員・常盤利香さん)

 

このアイデアは売り場がある地元「スーパー万代」の駐車場の、語呂合わせにもなっているところがミソ。

 

大阪府「大阪駅第2ビルラッキーセンター」にはさらにユニークな「ロシアン連番」100枚セットがある。

 

「今回の年末ジャンボ5等は下2桁抽せんで3,000円が当たります。仮に10の位を0で統一した場合の100枚セットでは、5等当せん番号が00〜09ならば3,000円×10枚、それに末等300円×10で3万3,000円で元が取れる組み方なんです」(販売員・光田寿さん)

 

ただし下2桁は00〜99とあるので、5等が当たる確率は10分の1とかなりリスキー。それを認知してもらうため「ロシアンルーレット」にちなんで命名したそう。

 

極めつきは、大阪府「大阪駅前第4ビル特設売場」でのみ購入できる、同じ組同じ数字が2枚ずつ10通り、計20枚の「ダブルバラ」セット。

 

「今回の年末ジャンボは200組2,000万枚のくじが1ユニット。これが全国で25ユニット前後発売になります。つまり同じ組同じ番号のくじはユニット数だけ存在するんです」(販売担当・野田保隆さん)

 

東の「西銀座チャンスセンター」と並ぶ西の人気売り場「大阪4特」は他店に比べ、取り扱い枚数が桁違いに多い。そこでユニット違いの同じ組同じ番号がそろうことが以前からあった。

 

「12年前、売り場独自のアイデアをと知恵を絞ったなかから生まれたのが『ダブルバラ』です。もし当たれば当せん金は倍。今回なら1等7億円の倍、14億円が当たることになります。先日も3等100万円をダブル当せんした女性がいて『信じられない』を連発してました(笑)。ただ当店でもダブルでそろえられる枚数には限りがあるので数量限定。売り切れごめんです」(野田さん)

 

年末ジャンボを購入する際には、オリジナル「凄売り」のある売り場を狙ってみてはいかが?