image

 

「これを見ても、全然自分のことじゃない気がするなあ」

 

愛知県大府市にあるふじや酒店。店内のレジカウンターの背後に「出ました! ’14年年末ジャンボ1等前後賞」の文字とともに大きく掲げられた92組169295番の宝くじのカラーコピー。それを見ながらK・R(45)は気恥ずかしそうにそう漏らした。

 

貼りだされた1等前賞1億円の当せんくじ。Kさんこそ、その当せん者本人なのだ。Kさんの姿を見て、ふじや酒店のおかみさん・服部啓子さん(67)が笑顔で店の奥に迎え入れる。

 

これまでメディアに出たことのないジャンボ億万長者を発掘、紹介するのは、宝くじ取材歴12年の記者にとって初めて。近年、個人情報保護などの事情から、メディア未登録の高額当せん者とのコンタクトは非常に困難になっている。そんななか、本誌はKさんとの取材交渉の末、この日、服部さん同席で話を聞く機会が実現した。

 

’14年年末ジャンボは大みそかが抽せん日。服部さんはその晩、不思議な夢を見た。

 

服部「真っ暗な中に白い小さな蛇が現れて、どんどん大きくなりながら、最後は龍になって、空に舞い上がっていく夢。目が覚めて、これはなにかの吉兆だと思ったの」

 

K「僕は夢ではないんだけど、暮れに実家に帰ってから、なんだかずっと心がざわついてね。宝くじは自宅に黒いバッグにしまって置いてあったので、実家から戻るまで調べようがない。それで1月4日にアパートに戻ると、真っ先にバッグの中から宝くじを出して、当せん番号の出ている新聞と照らし合わせたんです。いてもたってもいられない、あんな気持ちは初めて……」

 

服部「予感がしたの?」

 

K「調べたら、本当に前賞1億円が当たってて。でも信じられなくて、その晩、何十回、新聞の番号と照らし合わせたことか。最後は、もしかしてこれ前年の年末のくじじゃないかと、不安になって確認したほど(笑)。それで翌日、やっぱり自分の目だけじゃ不安で、店に持ってきたんです」

 

服部「最初から『当たってる』って言ってくれればいいのに、黙って差し出すんだもの」

 

K「服部さん、末等から調べていくから、じれったかった」

 

服部「そりゃ、誰も1等の前賞が当たってるなんて思わないでしょ。2等まで調べて『残念ね』と言ったのよね」

 

K「目の前がクラクラした(笑)。我慢できなくなって、服部さんが見てる当せん番号表の1等のところを指さした……そしたら『あら、前賞1,000万円!』って。そこで桁間違えますか、ホントに!」

 

服部「それは言わないで(笑)。私だって、こんな高額当せんのくじを見たのは、生まれて初めてなんだから」

 

今回、みずほ銀行が発行した1億円の当せん金支払証明書を持参したKさん。

 

K「当たりくじを僕に手渡してくれた服部さんのおかげ」

 

服部「いえいえ、Kさんの運ですよ。それでこのお金はどうしたの?」

 

K「僕は独身だから、ほとんど使ってません。若いころからの趣味が車。中古の欲しかったスポーツカー(100万円前後)を1台と、高級時計(80万円前後)を1つ買っただけ。あと自宅のアパートを、家賃が2万円ほど高いメゾネット式のところに引っ越したくらい」

 

服部「堅実で安心した。派手になって使い切っちゃうとか聞くけど、Kさんを見てると安心。いまも必ず最終日に来るけど、また当てる気なの?」

 

K「なんか残り物には福がある気がするんだよ。だから、また当たる気がして(笑)」