炭酸入浴剤が家庭で簡単に手作りできるレシピとは?

「CMなどでおなじみの“炭酸入浴剤”ですが、実は簡単に手作りできるんですよ」

 

そう教えてくれたのは、ツヤ肌アドバイザーの喜多川結羽さん。お湯の中でシュワシュワと泡立つ炭酸入浴剤。その元となる“炭酸”が血行を促進し、疲労回復に効き目があるのは周知の通り。それが家庭で簡単に作れるとは驚き!

 

用意する物は、『重曹50g』『コーンスターチ10g』『クエン酸25g』『岩塩小さじ1』『オリーブオイル小さじ1弱』『エッセンシャルオイル(グレープフルーツ)10滴』『シリコン型(小さめのもの)4個』。

 

【1】ボウルに重曹、クエン酸、岩塩、コーンスターチを入れ、スプーンでよく混ぜ合わす。

 

【2】混ぜ合わせたものにオリーブオイルを入れ、ダマにならないよう注意しながらよく混ぜる。そこにエッセンシャルオイルを入れ、さらによく混ぜる。

 

【3】かき混ぜながら水道水5mlを加える。少し固めな仕上がりでOK。

 

【4】できたものを、空気が入らないよう気をつけ型に詰める。5分ほどおいて固まったら完成。

 

喜多川さん秘蔵のレシピはたったこれだけ。今回のものは、ダイエットに効果的といわれている『グレープフルーツ(エッセンシャルオイル)』や、抗酸化作用が期待できる『オリーブオイル』がポイント。あなたも一度試してみては?