温泉エッセイストが教える「間違いだらけの美肌温泉神話」

「温泉に入れば誰でもすぐ美肌になれる、というのはじつは間違いなんです」

と語るのは、温泉エッセイストの山崎まゆみさん。4月28日から累計500万部の大ヒット漫画「テルマエ・ロマエ」が映画化されるにあたり、日本各地のお風呂が再注目を集めている。そんななか、温泉をこよなく愛する山崎さんが“間違いだらけの温泉神話”を語ってくれた。

「温泉には相性というものがあり、脂性の人にはアルカリ性の、ヌメリがあるけれど、角質や皮脂などを落とす作用のあるさっぱり系がおすすめ。乾燥肌の人はナトリウム性の、塩分の多いヌルヌルしたしっとり系の成分が合うんです」

では、自分に合った泉質を見極めるコツとは……。

「お湯に入ったときに、『私はこの感じが好き』と思ったら、成分表で泉質をチェックするだけです。それを覚えておいて、また温泉に行くときに同じ泉質の所へ行くようにすれば、どんどんお肌の調子がよくなるはず。もちろん、体調などで変わるときもあります。元気のないときは海の見える温泉でパワーをもらい、人疲れなどで癒されたいときは、森の温泉でゆったりのんびりしましょうね」

賢く入って、もっともっとキレイになりましょう!

関連タグ: