誕生45年の今明かす「チョコボール・キョロちゃん」の正体

’67(昭和42)年の発売開始以来、多くの子供たちに親しまれてきた「チョコボール」(森永

製菓)。商品と同様に人気を集めているのが、マスコットキャラクターの「キョロちゃん」

だ。現在、放送されているCMは『♪クエッ、クエッ、クエッ』の曲に合わせ、キョロちゃん

と子供たちが浜辺でカメを助ける「キョロ島太郎」編。ところで、キョロちゃんっていったい

何者?

 

’65年、チョコボールの前身となった商品『チョコレートボール』が発売された。その取出し

口が鳥のくちばしのように見えたところから、’67年にチョコボールが発売された際、鳥をイ

メージしたキョロちゃんが誕生した。鳥といっても空を飛ぶことはできないが、その代わりに

ジャンプが得意。年齢、性別は不明だ。

 

「登場したころは『かわいくない!』と、社内ではあまり評判がよくありませんでした。そこ

で、目がキョロキョロしているところから『キョロちゃん』と、かわいい名前が付けられたの

です」(森永製菓・広報担当)

 

チャームポイントのこの目、よく見ると体が横を向いているのに2つとも正面に並んでいる。

これは「同存化表現」という、ピカソに代表される前衛的な絵画手法。また、体形に丸みを持

たせたり、色あいを鮮やかにするなど、これまで4回のマイナーチェンジが行われている。

 

現在はブランドサイトを通じ「キョロちゃんファンクラブ」も運営されている。会員数は約4

万人というからオドロキだ。ところで、チョコボールでもうひとつ思いつくのが「おもちゃの

カンヅメ」。これって、どのくらいの確率で当たるのだろうか?

 

「確率を申し上げることはできませんが、毎月1万7千人くらいの方が当選しています」(同

前)

 

現在の『おもちゃのカンズメ』には、キョロちゃんをモチーフにした「新キョロ缶」も。さ

あ、みんなでエンゼルマークを集めよう!

 

 

関連タグ: