「今年3月、16447万円が出たときに店頭に張り紙をしたら、常連の40代後半の女性アナウンサーの人が『これ、私なの』って。彼女はこの売り場で初めてロト6を購入したら、350万円当せん。それから『この売り場の機械がいいのかも』と来店のたびにロト6を買ってくれました。何度か4等を当てるうち、ついに1等が!」(埼玉県・三郷イトーヨーカドーCC・販売員の瀬藤洋さん)

ロト6にも宝くじのように「当たる売り場」があった! 本誌が調査したところ、’111月から今年9月末までの間に1等が2回も出ている売り場が15店もあった。その多くは、以前からミニロトやナンバーズなども含め「発券端末機を使うオンラインくじがよく当たる」と地元で評判の売り場だった。今回、そのなかでも本誌が注目する売り場を紹介しよう。

(日付は抽せん日。金額は1等当せん金額、ただし1万円未満切り捨て)

北海道・帯広いっきゅうチャンスセンター

1279日・6163万円、’12830日・2009万円。

岩手県・宝くじ神社水沢XYZチャンスセンター

11425日・1327万円、’12823日・9484万円。

埼玉県・田カインズチャンスセンター

11711日・3989万円(2)

埼玉県・三郷イトーヨーカドーチャンスセンター

1152日・11172万円、’1235日・6447万円。

千葉県・ウニクス成田宝くじショップ

11523日・4938万円、’12326日・14518万円。

広島県・広島ゆめタウンチャンスセンター

12820日・9473万円(2)

福岡県・本城ミスターマックスチャンスセンター

11117日・4154万円、’12517日・4億円。

佐賀県・サピエ宝くじショップ

11815日・6688万円、’12213日・15429万円。

〝当たり癖〟のあるマシン、ぜひチェックを!