image

とにかく憂鬱になりがちな衣替えの季節。服の絶対量を減らすことで収納スペースが増え、衣替えもかなりラクになる。ちまたでは断捨離やシンプルでモノをもたない生活スタイルもはやっているが、いくら着ていなくても気に入っていたり、思い出が詰まっていたりする服は捨てられないもの……。

 

「無理に捨てようとしなくてもいいんです。同じアイテムでも、人によって必要・不必要の判断は違います。重要度と使用頻度を考慮しながら、不要な服と本当に残したい服をうまく収納すればいいのです」

 

こう言うのは、一級建築士でインテリアコーディネーターのすはらひろこさん。すはらさんに、”その服、残すか手放すか?”迷ったときの自問自答チェックリストを作ってもらった。

 

〈1〉気に入っている?

〈2〉自分が着ている姿を思い浮かべられる?

〈3〉実際に着る機会がある?

〈4〉今の自分に似合っている?

〈5〉サイズは合っている?

〈6〉流行に関係なく着られる?

〈7〉素材の状態はいい?

〈8〉着心地はいい?

〈9〉手入れしやすい?

〈10〉リメークしたら着る?

 

このうち「YES」が5個以上の場合は、「NO」の項目を見直して再検討を。「NO」が5個以上ある場合は、手放す決心をする。

 

仕分けをする際には、トップス、ボトムス、ワンピースなど5〜6つのアイテム別に分ける、黒、白、ベージュ、柄物など色柄別に分けるなど、自分の好みの傾向を客観的に見るのもオススメだとすはらさん。このチェックでスッキリ、衣替えをラクにしたい!