image

 

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(42歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、見ごろを迎える都内の有名「バラ園」対決だ!

 

■東京都北区「旧古河庭園」

 

最初に向かったのは北区にある「旧古河庭園」。歴史を感じさせる洋館を背景に、約100種199株のバラが美しく咲いている。鹿鳴館などを設計したジョサイア・コンドル氏が手掛けた幾何学模様の西洋庭園にバラがある景色は、おとぎ話のプリンセス気分になれる!

 

クレオパトラ、ローラ、ヨハネパウロ2世、情熱……といろいろな品種のバラがあるなか、めた坊は「ロイヤル・プリンセス」というクリームホワイトのバラを発見。なんでも愛子さまに捧げられたバラなのだとか。

 

そしてその隣には「プリンセス・ミチコ」というオレンジ色のバラが。こちらは当時、皇太子妃だった美智子さまに捧げられたバラとのこと。美しさもさることながら、その品種名を見ているだけでも楽しめる!

 

■東京都文京区「鳩山会館」

 

次に向かったのは文京区にある「鳩山会館」。もとは政治家一家の鳩山家の邸宅。瀟洒な洋館のサンルームから手入れの行き届いた中庭に抜けると、40種類350株のバラが。

 

めた坊、バラを見るそのまえに、庭にあった鳩山由紀夫氏、故・邦夫氏の祖父にあたるこの洋館の施主であり、52代内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の銅像のもとで記念撮影をしてみた。それからゆっくりとバラを堪能。

 

一郎氏が好んだというバラ「ピース」は、白い花びらの先が薄ピンク色の上品なバラだった。ひとくちにバラといっても色も花びらも違っていて、個性の違いが実感できた!

 

【めた坊ジャッジ】咲いている花は共にきれいだったけど、バラの名前に感激した今回は、旧古河庭園の勝利だ!