現金を使う人よりも、キャッシュカードを使う人のほうが、お金が貯まりやすい。6月にそんな驚きの調査結果が発表された。

 

「楽天市場 夫婦のお財布調査2018」によると、積極的にクレジットカードなどを活用するキャッシュレス派家庭の金融資産の平均は約1,100万円。片や、現金派の家庭は約550万円と、2倍も差があるというのだ!

 

「現金よりもクレジットカード払いのほうが家計管理しやすいのです。お金の使い方のクセが見えるので、ムダがぐっと減るんです」

 

そう指摘するのは、これまで1,000人近くを指導し、貯蓄アップに導いてきたマネー講師の角田和将さん。『「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる!貯金ドリル』(総合法令出版)でお金が貯まるコツを紹介している角田さんも、キャッシュレス派だ。

 

「お金を貯めるには、まずは“お金の流れ”を知ることが大事です。現状を正しく知ることで、対策ができるからです。カード決済の利点は、毎月お金を何にいくら使ったか明細書に記録が残ることです。さらに、ポイントが貯めやすいという点も見逃せません」(角田さん・以下同)

 

実際に角田さんに、“お金が貯まる体質になれる”クレジットカードの使い方を教えてもらった。

 

「まずは、メイン使いのクレジットカードを決めましょう。提携先の多いVISAかJCBのカードがおすすめ。よく利用するスーパーやデパートがカードを発行している場合、第一候補にしましょう」

 

車移動が多い人は、近所のガソリンスタンドのカードを、ネットショッピングが多いなら、ネット通販系のカードなどをメインにすると便利だ。

 

「カードを使うときは一括払いのみ。利息が付くリボ払いやキャッシングなどは利用しないのが鉄則です。管理するためにもカードは2枚以内に絞ること」

 

支払い方法を集約すれば、ポイントも貯まりやすい。

 

「ポイントも“お金”と考えると、バカにできません。キャッシュレス決算のほうがポイント還元率が高く、現金派より月1万円以上多く貯められるという調査結果もあります」

 

クレジットカードを作りたくない場合は、デビットカードを利用するという手もある。使ったときに、即座に銀行口座から直接引き落とされるため、現金主義の人も抵抗は少ないだろう。審査もなく、明細書ももちろん発行される。

 

使いすぎを防ぐには、利用限度額を変えればいい。

 

「自分の支出額に見合った金額に設定し直しましょう。たとえば毎月の支出が平均15万円なら、メインのカードの設定額を15万円にする。そのカードが使えないお店や、一時的に支出が増えた月は予備のカードで対応しましょう」

 

上限額を決めることで、その月に使える金額を把握しやすい。メインのカードが限度額に達した場合、その月は使いすぎだ。

 

「ただし、利用限度額を一度下げると、上げるには改めて審査が必要です。旅行が多いなど、まとまった金額を定期的に利用する人は、予備のカードの限度額は余裕をもって設定しておきましょう」

 

カードを多用すると金銭感覚がマヒしてお金が貯まらない。そんな先入観を持っているあなた。じつは賢く使えば、貯蓄の心強い味方になるんです。