(イラスト:マユボンヌ)

猛暑が続くこの季節。風物詩となっているのは、背筋がゾクゾクするような怪談話。でも“怖い話”に登場する妖怪たちも時代とともに変化してきているよう。そこで、その生態をまとめた最新版“妖怪事典”をお届け!

 

「都市化で街が明るくなり、暗闇を好む妖怪がすみにくくなったのではないかといわれます。いいえ、街だけが妖怪の生息地ではありません。じつはここ10年、IT機器やインターネットの闇に出没する“IT妖怪”が急増。出没場所を変え、息づいているんです」

 

こう話すのは、昨年末に長年、個人で収集した資料を『日本現代怪異事典』(笠間書院)として出版した朝里樹さん。朝里さんは新進気鋭の妖怪伝説収集家。なんとこの本は戦後から今日まで世間を騒がせた妖怪譚1092項目を収録して話題になっている。

 

寝苦しい宵、そんなIT妖怪の世界に、あなたをご招待。

 

■SNSで拡散されたネット発妖怪の代表格!「アクロバティックサラサラ」

 

【生息地】
おもに福島県の市街地に神出鬼没に現れる。

 

【目撃情報】
’08年ごろからネット上で語り始められた、背が異様に高い女性の妖怪。赤い服を着てはだしというのが特徴。長くさらさらした黒髪で、左に多くの切り傷、口が大きく、眼球がなく、黒く染まっている。ビルの上や電車、自動車の前にふいに現れ、目が合った人の自宅までついてきて、さらわれてしまう。

 

【得意技】
車の屋根を渡り歩きたり、屋上から飛び降りてきたりする派手なアクション。

 

【対処法】
とにかく彼女と目を合わせないように、その場からすぐに立ち去ること。

 

「以前、福島県で不慮の事故死をした女性がモデルとされていますが、定かではありません」(朝里さん・以下同)

 

■ゲーム中のテレビ画面に青い顔をした女が!「ゲーマー女」

 

【生息地】
ゲーム機に潜んで、テレビ画面に出てくる。

 

【目撃情報】
深夜2時にゲームをしていると、いきなり画面に現れる青い顔をした女性の妖怪。「おまえが今から寝ると朝になったらギタギタに切り裂かれて死ぬ!」と言い、気づくとコントローラーを握った手が血だらけに。寝てしまうと、本当に殺されるという。

 

【得意技】
手から順に全身を切り裂く。

 

【対処法】
寝ると殺されるので、現れたら翌朝までゲームをする。

 

「こういう話を聞いた後で、深夜にゲームをやっていると、思い出してぞっとする瞬間があるはず。そのとき、ゲーマー女はあなたのそばにいるんです」

関連タグ: