まだまだ“現金主義”が主流といわれる日本。しかし今年6月、経済産業省はキャッシュレス決済比率を’25年までに現在の20%から40%を目標にすると宣言した。

 

「キャッシュレス決済のよい練習になる」とファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが太鼓判を押すのが「LINE Pay(ラインペイ)」だ。LINEさえ使っていれば簡単に始められる。

 

「’14年に登場したLINE Payは、銀行口座などとひもづけてお金をLINEのアカウント内にチャージすることで、スマホにお財布を作るように使えるサービスです。そのほかのスマホの決算サービスと比べて、LINE Payはサービスの種類が豊富で、使い方次第ではポイント還元率が高い。私はもう半年以上、ATMで現金を下ろしていませんね」(風呂内さん)

 

登録は30秒程度で完了する。LINEを開いて「ウォレット」タブを選択し、「LINE Payをはじめる」をタップして、利用規約を読んでから同意する。

 

「お買い物などをするとLINEからメッセージが届き、残高がリアルタイムで把握できるので、家計簿の代わりになりますね。残高確認とチャージを繰り返すわけですが、『知らない間に使っていた』ということが減る。スマホ決済には、ムダ遣い防止効果があるんです」(風呂内さん)

 

風呂内さんが、「LINE Pay」の大きな特徴を解説してくれた。

 

■出金機能

 

LINE Payで受け取ったお金は、ひもづけた銀行口座からATMを使って現金として出金することができる。手数料は216円。

 

■外貨両替

 

「アプリ内で日本円を外貨に両替して、空港や自宅で受け取れます。レートは平均的ですが、慌ただしい旅行の準備のひと手間を省くことができます」(風呂内さん)

 

LINE Pay広報担当者によると、今年度内に全国100カ所でLINE Payが利用できることを目標にしているという。

 

「美容院、クリーニング店、病院などを含め、どこでも使える環境を目指します」(LINE Pay広報担当者)

 

そして注目は、決済時の「ポイント付与率」。8月からは、使えば使うだけポイント付与率が上がる「マイカラー制度」が導入された。

 

「さらに、1年間限定のキャンペーンで、QRもしくは専用コードで決済すれば、マイカラーのポイントに3%上乗せされます。あまり使わない人でも3.5%。クレジットカードや電子マネーと比べて、今いちばんお得ではないでしょうか」(風呂内さん)

 

ためたポイントは、1ポイント=1円として使うことができる。

 

「使った決済金額の10〜20%がバックされるキャンペーンは多く実施されており、それも魅力のひとつです。還元率の高いキャンペーンをこまめにチェックし、買い物などの支払いに積極的に活用すれば、月4,000〜5,000円相当のポイントをためることも可能です」(LINE Pay広報担当者)