ATMが無くなる前に…知っておきたいネットバンキングの利点

「三菱UFJ銀行は、’23年度末までに全国のATMを2割削減することを発表しています。これまで利用していた近所のATMが“突如消えた”ということが起こりうるかもしれません」(社会部記者)

 

三菱UFJ、みずほ、三井住友らメガバンク3社をはじめ、地銀なども積極的にとりかかっている支店やATM削減。これまで、家賃や家族への振り込み、残高照会などをATMで行っていた人にとっては、不便な生活を強いられることになりそうだが……。

 

「そこで知っておきたいのが“ネットバンキング”です。それは、パソコンやスマホさえあれば、振り込みや残高照会などができるサービスのこと。いま持っている銀行口座をネット上で持てば、ふだんATMで行っていることがスマホでできるようになるんです」

 

そう語るのは、ネット証券、銀行などに関する記事を執筆しているストックリサーチのアナリスト・大和田智美さんだ。

 

「ネットバンキングは、みなさんが使っているメガバンクや地銀、信用金庫から開設するタイプと、店舗を持たない“ネット専業銀行”で口座を持つタイプに分かれます。いま持っている口座をネット上でも使える形にすることもできますが、ネット専業銀行の口座はメリットも多く、ひとつは持っておくことを検討してみてください。よく耳にするようになった『楽天銀行』や『ソニー銀行』などはネット専業銀行のひとつですね」(大和田さん・以下同)

 

そこで、利用のメリットをわかりやすく解説してもらった。

 

【メリット1】いつでもどこでも即時振り込みが可能

 

「『現金の引き出し』と『預け入れ』は、店舗かATMでないとできませんが、それ以外のサービスはほぼすべて、ネットバンキングで24時間行うことができます」

 

家賃や公共料金、あるいは家族への送金など、振り込みのためにATMによく出向く人にとっては、移動時間の節約にもなる。

 

「ネット専業銀行の場合、口座開設時からの明細を何年もさかのぼって照会することができるため、家計簿として見直すことも可能。メガバンクでも過去2カ月~2年くらいは確認できるので、通帳代わりにも活用できます」

 

ただし、ネット専業銀行の場合、企業によっては給与の受取り先にできなかったり、公共料金の引落とし口座に選べなかったりするので、事前に確認が必要だ。

 

【メリット2】振込み手数料、ATM利用手数料が無料に

 

現金を引き出したり、振り込んだりするときに、バカにならないのが“手数料”。コンビニのATMを利用したりすれば、現金を引き出すだけで108~216円の手数料、他行への振り込みは432円かかることも……。

 

「しかし、ネット専業の『ソニー銀行』や『住信SBIネット銀行』は、コンビニ、イオン、ゆうちょなどのATMからの引き出しが月2~4回まで無料で行えます。それだけでなく、他行への振り込みも月1回まで無料なんです」

 

メガバンクでお得なのが、三井住友銀行のネットバンキング。スマホやパソコンでのみ明細を見られる「WEB通帳」を申し込むだけで、コンビニATMからの引き出しが月3回まで無料だ。

 

【メリット3】定期預金の金利がとても高い

 

ネット専業銀行は、メガバンクより金利が5~10倍高い。

 

「最近では、地銀のインターネット専用支店に口座を開設すると、定期預金の金利がメガバンクの20倍ほど高い場合もあります。資産運用をしたい方は、地銀のネットバンクを活用するのも手です」

関連カテゴリー: