宝くじ高額当せん者が見た「正夢」強い願いを反映か

正夢など“いかにも”な夢から、ちょっと不思議な夢まで……もしかすると、あなたの見た夢は“金運降臨”の予兆かもーー。

 

「私の相談者のなかにも、ヘビの夢を見て宝くじを買ったら、100万円が当たったという女性がいました。夢には“お告げ”的な一面があるのは事実です」

 

こう話すのは、心理研究家で夢診断にもくわしい御瀧政子さんだ。

 

「心から『宝くじを当てたい!』と欲している場合、それが実現する直前に、潜在意識が予見するような夢を見ることがあります。そしてもうひとつは、先祖や守護霊が幸運を授けるメッセージとして、夢で教えるケース。いずれにしても、何か気になる夢を見たときは、少額でかまわないので、宝くじを購入してみてはいかがでしょう」

 

そこで今回、実際に高額当せんした人の証言や、全国自治体宝くじ事務協議会が公開している当せん者エピソードから、夢と大当たりの関係性を徹底分析。御瀧さんの解説とともに紹介していこう。

 

【実例検証「正夢」編】

 

「宝くじが当たった夢」は強く願い、イメージするほどに現れやすいとはいえ、金額を含め、具体性をもっているのが特徴だ。

 

■テーブルいっぱいに札束が並んでいる夢(佐藤美智子さん/東京都/1,000万円当せん)

 

「結婚直後のことです。夫も宝くじが好きだったので、2人で買うようになりました」と話すのは、東京都の主婦・佐藤美智子さん。

 

「そのときはサマージャンボを20枚だけ買っていたんですが、ある晩、自宅のテーブルいっぱいに札束が置かれていて『やったあ!』と喜んでいる夢を見たんです。それで何か予感がして、スーパーに買い物に行くついでに宝くじ売り場に寄って調べてもらったところ……販売員の女性が当せん確認の機械に通して『お客さま、これ当たってますよ! これ1,000万円ですよ!』って。もう買い物どころではなくなって、急いで家に帰りました。当せん金はちゃんと夫と2人で分けました」

 

〈御瀧さんの夢解説〉夢に出てくる『テーブル』は生活の基盤を象徴していて、その上に置かれているものは、これから手にできるものを意味します。そこにお札が並んでいるのですから、まさにこれは“大金が入ってくる”ことを予言する正夢です。

 

佐藤さんの夢は、それだけで終わらなかった。

 

「1,000万円が当たってからは、毎回購入したくじを枕元に置いて、『当たっていますように』と毎晩念を込めるようにしていたんです。そして、’09年のドリームジャンボのとき。ある明け方、また夢を見たんです。今度は売り場で当せん確認している場面でした。販売員さんに『お客さん、当たってますよ』と言われ、金額を尋ねたところ、『500万円です』と。朝、起きてすぐに近くの売り場に確認に行きました。すると、『お客さん、当たってますよ』と、ここまではまさに夢のとおり。さらに続けて、『私もこんな高額当せんは初めてなんですが、1億円だと思います』って! 夢よりも金額が大きくて、足が震えました」

 

〈御瀧さんの夢解説〉「直接当たる場面」というのは、願望がそのまま夢になって現れるケースがほとんど。一度、当せんを経験して実感が伴っている佐藤さんの「また当たりたい」という強い念が、大当たりを引き寄せる前触れとして夢に現れたのです。

 

■「2億円当たった」と言われ、使い道を考える夢(鈴木広子さん/東京都/2億円当せん)

 

「’08年のドリームジャンボ発売中でした。ある晩、行きつけの売り場で『2億円当たった』と言われて、いったい何に使おうと思っているところで目が覚めたんです」

 

東京都の主婦・鈴木広子さんは、直前に娘を36歳で亡くしていた。

 

「娘の年齢の3倍の108枚(3万2,400円)を購入しました。娘が応援してくれるかなと思って。ただ、買った後は無頓着にバッグに入れっぱなしだったんです。1カ月くらいして売り場で調べてもらったら、販売員さんの笑顔が急にかたまって『当たってます』って。そして金額は言わず、窓口に当せん番号表を取り出して、1等の2億円を指したんです。その指先が震えていたのを、今でもよく覚えています」

 

〈御瀧さんの夢解説〉先祖や守護霊が幸運の道しるべを夢で伝える例は、古今東西、数多く報告されています。鈴木さんの場合は、最愛の娘さんからの導きですね。「使い道を考える」というのは、“大切に使ってほしい”というメッセージです。

関連カテゴリー:
関連タグ: